今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
測定器をよく使われる資格について
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

電気工事士について

電気工事士について

電気工事士については、ビルや工場や商店街や一般住宅等の電気設備の安全を守る為に工事の内容によっては、一定の資格 を持っている人でないと、電気工事を行なってはダメだと法令で決められていて、その資格がある人を電気工事士 と言います。

資格の習得には、一般財団法人の電気技術者試験センターで受ける事が出来、第1種と第2種 があります。

第1種と第2種共に筆記試験と技能試験があります。第1種はインターネットによる申込みだと10900円で受験が出来て、第2種だと9300円で受験が出来ます。

電験三種

電験3種 とは電気主任技術者の第3種 の事です。第3種では電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5000キロワット以上の発電所を除く)の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行う事が出来ます。

更に上位の資格に第2種があり、こちらは17万ボルト未満の事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行う事が出来ます。

第3種の試験は1次試験のみで、費用はインターネットによる申込みで4850円必要です。