今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
測定器・計測器を入れ替えるならいつがオススメ?
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

測定器・計測器を入れ替えるならいつがオススメ?

計測器

「最近入札時の設計や計測の基準が厳しくて」
「うち器材も最近修理や校正の回数が増えて」
「人員不足でなかなかこの業務に人員や時間を割けなくて」

測定器や計測器は、一度購入してから後も、業務に応じて長く校正や調整修理が必要です。
また、それにかかる費用も精密機器ゆえに、送料などを含めて経費が高額におよぶものがとても多く存在します。
業務そのものに際しても、すこし昔の機材をつかって計測する場合では、手間も時間も作業人数も大量に必要となることが圧倒的。

「あそこの会社、新しい機材に入れ替えたら、すごく良くなったって」
「いっそのこと新しいタイプのものに入れ替えたら」

・・・そんな時、測定器・計測器買取ドットコムでは古い機材の買取・査定で皆様の新機材の調達を応援致します。

ところで、測定器・計測器の入れ替えタイミングでは何を重要視されていらっしゃいますか?

様々なポイントがあり、たとえば
・機材のニューモデルリリース前後の特売時
・入札や契約条件で指定があったので大慌てで
・これまで使用していた機材の故障や整備の必要に迫られて
・年度末の予算消化で
などなど、事情もいろいろです。

ですが、実は大切なのが、業務においての全体での計画性。
例えば、校正や整備が集中しがちな時期のメンテナンスを避けておけば、調整時の費用も安く、預けてから数週間で戻ってきます。
年度末年度初め時期や春先などの業務が混み合う時期の前後では、整備自体も混み合っており、機材を預けている間にレンタル品を調達しなければならないことも。
こうした経費面をトータルに考えての購入も大切です。

他にも、従業員も新しい製品や技術に慣れるまでの間にも時間がかかるため、閑散期に段階的にトレーニング機材として当初少数だけを導入。
そして繁忙期に向けて時期をずらしながら納入するようにした多台数調達スケジュールを立てておけば、維持整備計画上も、また製品の市場での動きが少ない時期だからこそのお得な価格やオプション設定も期待できます。

また、前製品を下取りに出しての機材入れ替えも多く見られますが、慣れない機材のため、業務に手間取るケースもやはり多く見受けられます。
とくに所有台数が少ないケースでは、授業員の操作性や、既存データ活用上などの関係で、納品と同時の下取りよりは、前機材と新機材が同時に使用できる期間を数か月設けておくこともおすすめします。

また、研究所や事業所などでは予算や補助金などの制限事項に基いて「旧機材の除却時期などに何年間以上といった制限があるケース」や、「旧機材と同じ機能のアイテムを同時期に多重に所有できないケース」「事務上では廃棄品として取り扱う必要があるケース」なども存在します。こうした点にも注意が必要です。

買取について不安に思うことがあれば、経験豊富な測定器・計測器買取ドットコムにぜひご相談ください。