今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
計測器の自社保有VSレンタル それぞれのメリットデメリット
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

計測器の自社保有VSレンタル それぞれのメリットデメリット

計測器

質量、環境、各種現場での測量で必要とされる計測器ですが、コストを抑えて運用していくにはどのような方法をとるべきでしょうか。必要不可欠であり、大口の投資となるため、当然ながら将来性を見据えた上での賢い選択が必要となります。

それには自社保有か、レンタルかという2つの方法のメリットとデメリットについて十分に見極めなければいけません。

計測器の使用頻度はどれくらいですか?多くの種類が状況に応じて必要であり、なおかつ単発的に利用したいのであればレンタルの方が有利となる場合があります。レンタルの利点は、比較的新しい機材を、自社でのメンテナンス不要で気軽に使えることです。保管場所や保管状態に気を使うこともありません。しかしながら運搬費の負担や補償料などが別途必要になるので、全体的に割高感はあります。

一方、使用頻度が高い場合は自社保有の方がより便利でしょう。レンタルの場合、時期によっては混雑するので、早期に見積、予約をしなければなりません。自社保有ならば確実に利用が可能ですし、使い慣れた機械では取り扱いに困ることもありません。

その分、自社でのメンテナンスは必須となります。大きな機械であれば、きちんと管理された保管場所の確保も必要です。特に精度を明確にするための検定、校正は必須事項となります。クライアントから求められるレポートや文書の精度は同業他社に比べて満足のいく結果になっていますか?

以上を踏まえた上で、会社にとってより有利な方法を選択していきましょう。どの計測器を購入するのか、レンタルにするのか。そして既存の機器をどのように保管、管理していくのか。買い替えの必要な機器はないか。一度にまとめて買い替えるのか、優先度の高いものから徐々に進めていくのかなど、考慮していく必要があります。

現状の測定器からの買い替えをお考えの場合は、ぜひ弊社にお問い合わせください。計測器買取専門業者ゆえの豊富なノウハウで無料査定いたします。まずはお気軽にご相談ください。