今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ガス検知器
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

ガス検知器の買取

ガス検知器の買取

ガス検知器とは?

ガス検知器とは

都市ガスやLPガスには、漏れたときに人でも漏れを確認できるように、無味無臭のガスにニオイを付加しています。

ガス管やタンクで家庭までガスが運ばれる時には、すでにニオイガついていますので、漏れればガス特有のニオイ がします。

しかしガスは種類によって空気よりも軽いまたは重いので空気層と分離し、人ではニオイだけで検知できない場合もあります。

そのようなガス漏れを検知する のがガス検知器です。

ガス検知器には、燃料ガスのみを検知するタイプ、燃料ガスと一酸化炭素を検知するタイプ、それに加えて火災も検知できるタイプの3つあります。

ガスの検知方法は、半導体の表面でガスにより電気抵抗の変化を検知するもの、白金線に電流を流しガスにより微少な燃焼を起こし電気抵抗の変化を検知するもの、白金線にガスが接触し、温度変化を検知するものの3種類あります。

そうしてガスを検知すると、警報によってガス漏れを知らせます。

警報音だけ鳴るタイプ、屋外にもブザーを設置し鳴らすタイプ、マンションなどでは管理室にもブザーで知らせるタイプとあり、どのような場合も警報音のブザーで知らせます。

ガス検知器は、今や設置が義務づけられています ので、新築の一軒家やマンションを建てても、必ず入居前には設置されます。

空気より軽い都市ガスの場合は、天井に近く燃焼器具から近い場所に、空気より思いLPガスの場合は、床に近く燃焼器具から近い場所に設置します。

空気より軽いか重いかで、天井付近か床付近かに設置するのです。

ガス検知器は有効期限がありますので、有効期限が切れた製品に関しては交換が必要です。

交換時期が近くなる と、ガス会社から連絡がきます ので、交換します。

また定期的に試験ガスによる試験で、正しく動作するかのチェックは、万が一の漏れの時に備えて行なっておいた方が良いでしょう。

スプレー缶のガスなどによっても、ガス検知機の近くで使うと作動することがあります。

ガス検知器を高価買取してもらうポイント

ガス検知器を高価な価格で買取してもらうためには、ガス漏れの探知が正常に行なえる ことが基本です。

液晶部分の表示が鮮明に見えるか も確かめて下さい。

感度が落ちていたりエラーが出るなど、不具合がある場合には査定額がダウンする可能性がありますので、査定を申請される前には十分にチェックをよろしくお願い致します。

またケースやドレンフィルタ、フィルタエレメント、アタッチメント、ダストフィルタ、ハンドストラップなどの付属品 もお持ちでしたら、査定の際にお申し出いただけますようにお願いします。

ガス検知器を買取したお客様の体験談

ガス検知器を買取したお客様の体験談

事前・本査定の金額に違いがなく、振込みも迅速でした。

事業を縮小することになり、使わなくなったガス検知器も増えたので、測定器・計測器買取ドットコムの宅配買取を利用しました。

申し込んだのは全部で5台。

なるべく汚れを落とした甲斐があったのか、5台とも満足できる価格 で買い取って貰うことが出来ました。

事前査定と本査定の金額に違いはありませんでしたし、振込みが迅速に行われた点も高ポイントです。

実は測定器・計測器買取ドットコムに依頼をする前に別の店にも持ち込んだのですが、マイナーな器械 のためか取り扱ってはいません でした。

その点でも、非常に助かりました。

高額査定で振込みもしっかりしていました。

可燃性・毒性・複合型…。

さまざまな種類のガス検知器を一斉に処分をすることになったので、まとめ売り出来る店 を探していました。

普段は不要な道具はオークションに出品をしているのですが、いかんせん数が多かったので1つ1つ出品をするのは面倒です。

何店か候補を見つけた結果、事前査定で高額提示 をしてくれた測定器・計測器買取ドットコム を選ぶことにしました。

本査定で事前査定と金額が違えば返送して貰うつもりでしたが、そんなこともなく、査定通りの金額をしっかりと振り込んでくれました。

ありがとうございました。

代表的な製品

ガス検知器の代表的なメーカーや型式は新コスモス電機のガス探知器(漏れ探知用)XP-702Ⅲ-A-LPG-13A 、新コスモス電機のマルチ型ガス探知器XA-4000、理研計器のポータブルマルチガスモニター、日本エマソンのガス探知器、テストーのガス漏れ探知機、ガステックのガス探知器セット、新コスモス電機のマルチ型ガス探知器XA-4400,理研計器のポータブルマルチガスモニター、新コスモス電機の可燃性ガス探知器などがあります。

付属品やオプション品

ガス検知器の付属品やオプション品としてはケースやドレンフィルタ、フィルタエレメント、アタッチメント、ダストフィルタ、ハンドストラップ、検知管などがあります。

ガス検知器の使い方

ガス検知器の使い方

ガス検知器の使い方は、乾電池を確認してからパワーボタンを押して、ブザーが鳴るとメイン画面に表示が出てからバーグラフがカウントダウン していきます。

センサーが安定するとブザーとともにガス濃度画面が出て検知が可能になり、パワーボタンを押して測定を開始します。

濃度が警報レベル になるとブザーが鳴り 、満たなくなると解除されて、ストップを押すとブザーが停止します。

測定後はきれいな空気の場所で吸引を行ってからボタンを長く押してください。

ガス検知器の修理方法

ガス探知器の測定や探知ができなかったり、正常に表示されないなど不具合が見られる場合には、電池を確認 したりメーカーを通じて修理 をお受けになることをお勧めします。