今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
サーベイメータ
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

サーベイメータの買取

サーベイメータの買取

サーベイメータとは?

サーベイメータとは

皆さんはサーベイメータをご存知でしょうか。男性でサーベイメータを使う専門職の方以外はもしかしたら男性でもハテナマークかもしれません。

今回はそんなサーベイメータとは?のお悩みに詳しく解説していきます。

まずサーベイメータは、単刀直入に言えば放射線測定器です。意味としては、放射性物質や放射線に関するありとあらゆる情報を簡単で便利に得ることを目的としています。

大きさも小型で持ち運びもできますので使うシーンを選ぶことも限定されることもあまり無いです。

サーベイメータは色々な形式があって携帯用には、アルファ線、ベータ線、ガンマ線、または中性子用のサーベイメーターが存在します。

検出器の種類にも複数の種類があり、電離箱式、シンチレーション式、GM菅 式などがあります。測定する内容は、放射能表面汚染測定や空間放射能率測定の検査があります。

また、さらに規模は大きくなりますが、原子力発電所の核燃料などに用いられる中性子測定にはBF3ガスやHe-3ガスを用いた比例計数管を使用します。

さらには、速中性子の測定には、この前述した比例計数管を中性子減速材で覆って速中性子を熱中性子化して測定を行います。

ちなみに、中性子減速材とは、パラフィンやプラスチックなどが該当します。

ここまで書くとサーベイメータはものすごく複雑な感じがしてしまいますが、要領さえ理解してしまえば簡単に作業することができます。

また、当店ではそんなサーベイメータの売却を検討されているお客様も大歓迎です。

当店は専門店ですのでお客様の買い替えな どの理由での売却、ただ不要になったので売却したいなどという、ありとあらゆるニーズに対応させていただけます。

もちろん新品に近い状態や、箱付きのサーベイメータの方が高価買取の可能性は格段に上がりますが、場合によっては年式が古くても箱が無かったとしても部品取りとして買取可能なお品物もありますので是非お気軽にご相談ください。

サーベイメータを高価買取してもらうポイント

サーベイメータを高価買取してもらうためには、まず故障がないか確認しましょう。

正常に数値を測ることができるか校正用線源でチェックし、落としたりはしていないかなども確認します。

電池を入れる部分液漏れ等がないかなど内部の状態もしっかりチェックする必要があります。

またボディ本体が汚れていれば綺麗に掃除をしましょう。

プローブやスイッチも汚れが付着していないかチェックしておくと良いです。

他に付属品も揃っているか確認しておきましょう。

説明書はもちろん、購入時の校正証書やACアダプター、箱もあればなお良いです。

コネクタケーブルや収納ケースなどのオプション品もあれば一緒に買取に出していただくと査定に反映されるため、高価買取も期待ができるでしょう。

サーベイメータを買取したお客様の体験談

サーベイメータを買取したお客様の体験談

まさかのサーベイメータを買取

日立アロカのサーベイメータなど、どこも買取してくれないだろうと諦めていました。

自分でオークションに出すほどの知識もなかったので捨てようかと思っていた時にこちらを見つけて即連絡。

すぐに送ってほしいとのことでこちらも急いで本体などチェックして送りました。

付属品やら化粧箱やら全て残っていたこともあって、かなり高額になったことは驚きでした。

しかもここまでマニアックな物でもしっかり丁寧に査定して頂けたので信頼して預けることができました。

また業務用のものはこちらで買取お願いしたいと思います。

サーベイメータ フルークのリピート高価買取

フルークのサーベイメータが不要になったので買取に出しました。

以前からこちらは利用させて頂いてたのですが、サーベイメータの取扱があることもちょっとビックリでした。

でもしっかりした知識で査定してもらって、必要な付属品もちゃんと把握されていたので添付も忘れることなく助かりました。

査定の結果は意外にも高額で取引ができました。

外箱とか綺麗だったことだけじゃなく、本体も傷がつかないようにカバーして使用していたのでかなり良い査定で大満足です。

リピートさせてもらえて本当に良かったので、またさらに利用できたらと思います。

代表的な製品

サーベイメータの代表的なメーカーや型式としては富士電機電離箱式サーベイメータNHA1、富士電機のシンチレーションサーベイメータNHCシリーズ、富士電機の表面汚染測定用サーベイメータNHJシリーズ、富士電機の中性子サーベイメータNSNシリーズ、日立のY線用シンチレーションサーベイメータ、日立のα線用シンチレーションサーベイメータTCS-232B、日立のα/β線用シンチレーションサーベイメータLUCREST TSC-1362などがあります。

付属品やオプション品

サーベイメータの付属品やオプション品は取扱説明書、乾電池、ショルダーベルト、ACアダプタ、専用ケース、試験成績書などがあります。

サーベイメータの使い方

サーベイメータの使い方

サーベイメータの使用方法はまずスイッチを入れてメータ初期状態にリセットします。

指針がゼロになったことを確認して下さい。

カウントレートのスイッチでメータの指示計数率確認して適切なスケールを選択してください。

メータの時定数を切り替えて、測定する部分に当ててからスイッチを押して測定をスタートさせます。

メータを見て数値を確認して下さい。

サーベイメータの修理方法

サーベイメータの設定や測定に不具合があったり、正常な測定ができないなど問題が見られる場合には、購入した店またはメーカーを通じて修理をお受けになることをお勧めします。