今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ネットワークアナライザ
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

ネットワークアナライザの買取

ネットワークアナライザ買取

ネットワークアナライザとは?

ネットワークアナライザとは?

ネットワークアナライザとは、高周波回路(電化製品の無線LANなど)に対して用いる機器のことです。

どのような目的でネットワークアナライザを用いるのかというと、主に高周波回路に対して発生している反射電力を測定する際に、ネットワークアナライザを用いるのが一般的とされています。反射電力を測定するとなにがわかるのかというと、それは、安定した反射電力となっているかどうかがわかり、これにより高周波回路安定しているのかがわかるのです。人間の目で計測することはできませんし、感覚的にもわかりませんので、高周波回路を測定する際はネットワークアナライザを用いることが多い状況です。

さらに、ネットワークアナラ イザは高価なものが多いという特徴があり、今では新品だけでなく、高品質中古品高く買取されていることが多くなりました。どのような場所で用いることが多いのかというと、主に工場などでネットワークアナライザを用いることが多いです。開発中の製品に対して使用されることもあるのですが、人の手で計測することもあれば、ライン(商品を製作する工程上)でネットワークアナライザが使用されることもあります。また、ネットワークアナライザは全体的にコンパクトな形状をしているので、人の手で用いる際も不便がないという利点が存在します。最近になって、高精度な高周波回路を求められるようになったため、知名度が上がってきている機器でもあります。

ネットワークア ナライザを用いることで、実際のヘルツ(周波数)を細かく測定することも可能になっていますので、デジタルチェックツールとしても高い人気を誇っています。なにより、機械として販売されているものは、自動的に今までの測定記録保存する仕様になっておりますので、記録をまとめて取りたいという要望にも対応しているのです。ただし、このような新しい機能が追加されているものほど、ネットワークアナライザの中でも、高価な商品に分類されやすいという特徴があります。

ネットワークアナライザを高価買取してもらうポイント

ネットワークアナライザの高価買取のポイントですが、高精度な測定が可能で、パソコンなどと連動させやすいものであれば、高価買取となるケースが多いです。

もしくは、安価で売られているネットワークアナライザも人気が高いです。今では、高周波回路の設計、実用に向けて、あらゆる業者で使用されることが増えておりますので、正常な動作が確認できるもの、付属品、オプションなどが欠品していないネットワークアナライザであれば、高価買取につながるケースが多いでしょう。
後は、汚れなどが多く付着していないか、ホコリなどがネットワークアナライザに付着していないか確認しておきましょう。このような汚れがあると、買取の査定時間が長くなってしまうこともありますし、物によっては査定上の評価を下げてしまうこともあります。

ネットワークアナライザを買取したお客様の体験談

ネットワークアナライザを買取したお客様の体験談

40代男性

うちの会社で使用していたネットワークアナライザですが、業務の縮小で使用しなくなってしまいました。
まだ十分使用できますし、見た目もきれいな状態なので、何とか買取をしてくれる業者はないか探していたのです。
どこの会社に問い合わせても、ネットワークアナライザは買取できないと言われてしまいました。
そこで測定器・計測器買取ドットコムというサイトを発見したので、売ることができるか問い合わせてみたところ、買取可能というので売ることを決意しました。
あまり高い値段での買取は不可能だと思っていたのですが、思っていたよりも高い値段だったので満足しています。

60代男性

ネットワークアナライザの使用頻度が減ってきたので、使用しない分を売りたいと考えていたのですが、売ることができる業者が見つかりません。
そこで同じように会社の経営をしている友人に聞いてみたところ、測定器・計測器買取ドットコムという業者なら可能だと言われました。
そこで問い合わせをしてみたのですが、買取できるというので即座に売る決意をしたのです。
ある程度使いこんでいるので、本当に買取をしてくれるのか不安でしたが、買取してもらうことができてよかったです。
また機会があれば買取依頼をすると思います。

代表的な製品

ネットワークアナライザの中には、KEYSIGHTで販売されているPNAシリーズのような機器が、今でも代表的な製品として人気を集めています。
型式はN5247APNA-Xとなっておりますが、ネットワークアナライザとしての機能(速度、性能)が優秀とされておりますので、代表的な製品としての機能を有しているのも確かです。なにより、使用方法を3種類のPNAシリーズから選択可能となっているので、あらゆる用途に対応している測定機器としての評価も高 いのが、N5247APNA-Xの特徴です。

付属品やオプション品

ネットワークアナライザの付属品やオプション品についてですが、専用のUSBケーブルが付属品としてついてくるだけです。
他にも、オプションとしてアプリとの連動が可能という仕組みになっていますが、こちらは、ほとんどのネットワークアナライザで確認できるアプリです。今では、パソコン、アプリとの連動が必須となっているため、後になってこのようなオプション(機能)の追加を行う必要が無くなっています。

ネットワークアナライザの使い方

ネットワークアナライザの使い方

ネットワークアナライザは、初心者向けの側的ではないので、少々使い方が難しくなっています。
まずはアンプをコネクタの間に接続します。ただし、出力が大きい場合には注意しましょう。さらにケーブルを全てセットし、電源を入れます。それからパワーレベルの設定を行うのですが、ゲインに合わせて調整を行いましょう。
この設定が大変なので、きちんと指導をしてもらいながらでないと難しくなっています。ちなみにケーブルの接続などはそれほど難しくはありません。

ネットワークアナライザの修理方法

ネットワークアナライザは、個人修理することは不可能です。ケーブルなどの交換をしただけで直る場合には別ですが、通常は業者に依頼して直してもらいます。
精密機械なので、むやみに分解するようなことは避けるべきでしょう。