今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
振動チェッカー
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

振動チェッカーの買取

振動チェッカーの買取

振動チェッカーとは?

振動チェッカーとは?

振動チェッカーとは建物等の設備の異常を音や振動によって見つけるための機械です。

設備管理に関して重要な役割を持つ計測でもあります。

振動チェッカーは音と振動によって異常を見つけることができ、音・振動のデータを見て判断していきます。

ただ計測者が機械を押し付けた時の圧力により数値が変わるなど、繊細な計測でもあります。

そのため計測者の技術や機械の制度等も計測には重要なものとなってくるのです。

最近では押し付け圧力等による計測値のブレ等もあまり影響がない製品などもあります。

設備管理といえば目視による点検等などがあります。

ですがそれだけでは設備の不具合に気がつくまでに時間がかかってしまったり、手遅れとなってしまうこともあります。

簡単には見つけられる異常ではないため、目視だけでは足りない部分も大いにあります。

いくら設備に関して詳しくベテランであるからといっても、五感や勘だけでは見抜けない場合もあるでしょう。

感などに頼ることも危険を伴ってしまいます。
日頃から気がつかない設備全体の異常をしっかり管理するためには欠かせないものでもあるので、点検の際には必ず使用するべき機械です。

また耳で聞くだけや体で感じるだけではわかりにくい違いも、振動チェッカーは数値として表してくれるため素早く異常を発見することができるのです。

より精密な設備診断が目に見えるよう数値化されたことは安全性もより高度になったと考えられます。

またベテランのみで管理されていた技術等も、世代交代等により受け継ぐことが難しかった部分がしっかり継承することができます。

技術の継承も難しかったでしょうが、簡単に素早く行うことができます。
ベテランの勘等も必要になる部分はあるかもしれません。

ですが振動チェッカーは管理者の偏りもなくすことができる機械となっているのです。

今も振動チェッカーは機械としてより高度なものではありますが、今後も手動計測による誤差などが出にくい精度の高いものへと発展していくでしょう。

振動チェッカーを高価買取してもらうポイント

振動チェッカーの買取も弊社では行っているのですが、少しでも高い金額で買取を行うためには、きれいな状態をどれだけ保てているのかが重要になります。測定器なので、それほど汚れることはないでしょうが、長く使い続けていることで、手垢などで汚れてしまうこともあるのです。使用するたびに清掃をする必要はありませんが、定期的な清掃は必要になるでしょう。

また、コード類の劣化にも注意する必要があります。当然キズなども金額が大きく下がる原因となるので、使用後はきちんとケースの中にしまっておきましょう。ケースの中にしまっておく癖をつけておけば、付属品類を無くしてしまうようなこともありません。付属品がないと、やはり買取価格が下がる原因になりますし、センサーなどは無くしてしまうと使用できなくなるので、買取不能になることもあります。

振動チェッカーを買取したお客様の体験談

振動チェッカーを買取したお客様の体験談

30代女性 大手製造業勤務

先日上司から、振動チェッカーを複数処分しておくように言われたので、もう使用できなくなったのか聞いてみました。

するとまだ使用できるものの、新しい物を購入したので処分してほしいというのです。
まだ使用できるのであれば買取依頼をした方がよいというと、買取できる業者があれば査定してもらってもよいというので、早速友人から教えてもらった業務用機械買取ドットコムというところに依頼しました。

複数台あったので、ある程度高い金額で引き取ってもらい、上司からも褒められたのでよかったです。

60代男性 中小企業経営

業務の縮小で以前使用していた振動チェッカーを全く使用しなくなってしまったので、何とか買取依頼をしたいと事務員に相談をしました。
すると以前勤務していた会社では、業務用機械買取ドットコムというところでいろいろな機械類の買い取りを行ってもらったというので、インターネットで調べてみました。

すると振動チェッカーなどの測定器も買取してくれるというので、早速依頼をしてみたのです。

もう使わなくなったとは言っても、まだ普通に使用できる状態ですし、比較的きれいだったので、ある程度高額での買取ができるのではと期待していました。

すると期待通り高い値段で買取をしてもらえたので、とても満足しています。

代表的な製品

振動チェッカーには、ポータブルタイプペンタイプがあります。
株式会社データ・テクノiPM-100や株式会社テックジャムのPK1などがペンシルタイプです。
株式会社マザーツールのVB-8200やマルチ計測器株式会社のCN1206D、アスピル株式会社のAAM-PWPCH000などがポータブルタイプです。
どちらのタイプでも小型で簡単に使用できますので、モーターや鉄道の振動を計測するには最適の器機となります。

付属品やオプション品

振動チェッカーの付属品は製品によって違いますが、コンタクトピンやハードケース、イヤホン、乾電池や取扱説明書などがあります。
手の届きにくい場所を測定するときは、オプションで専用のセンサーが使用できます。

振動チェッカーの使い方

振動チェッカーの使い方

振動チェッカーにもいろいろな種類があるので、種類によって多少使い方が異なっています。一般的な小型の簡易的なタイプであれば、まず電源を入れてから測定モードを選びます。

測定できるモードも種類によって異なっています。単位を選択できる種類も多いと言えるでしょう。

測定したい対象物に、付属されているピックアップを当てることで測定ができるのですが、結果を記憶できるタイプが一般的です。

使い終わったらきちんとケースへ戻しておきましょう。

振動チェッカーの修理方法

振動チェッカーのような測定器は、基本的に自分で修理をしない方が無難です。

接続不良やコードの亀裂、充電不足など考えられる箇所をすべてチェックして、問題なければ故障の可能性が高いので、すぐ業者へ依頼しましょう。