今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
校正器
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

校正器の買取

校正器買取

校正器とは?

校正器とは?

あまり聞いたことがないという人も多いでしょうが、校正器と呼ばれている測定器が存在しています。インターネットで調べても、あまり詳しい情報が記載されていないですし、使用している人が少ないことから、調べる機会がないという人もたくさんいるでしょう。そんな校正器というのは、名前の通りに電流や電圧などを正しく測れるよう校正するために用いられている機械です。いろいろな種類が出ているので、校正できる種類も使用する校正器によって多少変わってきます。

校正器にもいろいろな種類が存在しており、一般的なタイプは標準発生器などと呼ばれていることがあります。他にも圧力校正器ひずみ校正器などが存在しているので、目的に応じて購入する種類も変えなければいけません。ただし、故障などを修理するための機械ではないので、故障した場合には修理業者に依頼する必要があります。あくまで測定する数値の誤差を調整するために用いられていると思うべきでしょう。

校正を行うための機械や工具などはたくさんあるのですが、主に検査で使用されています。検査というのは通常全ての商品に対して行うので、頻繁に使用していることになるのです。もちろん校正を行う機械や工具も人間が作った物なので、どうしても使い続けていることでほんの僅かな誤差が出てきてしまうのです。この僅かな誤差によって、不良になるケースもありますし、使用する物によっては動作しない場合や、事故に繋がってしまうこともあるでしょう。

そのため、校正を行うための機械や工具は、1年ごとに校正器によってしっかりと誤差正しておかなければいけません。もちろん校正器を使いこなすのにはある程度の技術が必要になってくるので、誰でも簡単に使用できるというわけではないのです。校正器自体も場合によっては誤差が出てしまうこともあれば、故障をしてしまう場合もあるので、定期的に業者によって検査や点検と言ったメンテナンス作業が必要になります。

校正器を高価買取してもらうポイント

弊社では比較的珍しい校正器と呼ばれている測定器の買取も行っています。校正器を高額買取してもらうためには、いかに正確な測定、校正ができるかという点でしょう。もちろん見た目がきれいなことや、付属品類がきちんと揃えられているのかという点も高額買取できるかどうかのポイントとなっています。そんな中でも正確な測定、校正はとても重要だと言えるでしょう。

全く校正できないような状態では、買取価格が下がるだけではなく、買取不可能になってしまうケースも多いのですが、初期不良などがなければそう簡単に故障するようなことはありません。重要なのは普段の使い方と、定期的なメンテナンスだと言えるでしょう。普段から丁寧に使うことが、校正器を高額買取するためのポイントです。

校正器を買取したお客様の体験談

校正器を買取したお客様の体験談

20代女性

現在勤務している会社で、古い校正器をどこかに売りたいからと社長に言われたのですが、今まで機械類の買取依頼を行ったことがありません。
そこで先輩に相談をしてみたところ、以前は測定器・計測器買取ドットコムという業者で買取を行っていたというのです。
そこで問い合わせを行い、使用していた校正器の詳しい情報を伝えると、これぐらいの料金で買取可能と言われたため、きれいに清掃をしてから梱包を行い、配送しました。
買取金額については知らなかったのですが、しばらくしてから社長から、高額買取ができたからと伝えられました。

40代男性

新しい校正器を購入したとき、親戚が経営している会社からも、校正器がいらなくなったからもらってほしいと言われました。
たくさんあっても意味がないので、どちらか片方は売ってしまおうと考えました。
やはり新しい方がよいので、もらった方売ることにしたのですが、業者が見つかりません。
そこでいろいろと調べてみたところ、測定器・計測器買取ドットコムというサイトを発見し、連絡をしてみました。
買取可能だということで依頼したのですが、古い校正器なのに、これだけ高い金額買取してもらえるとは思っていませんでしたので、とても満足しています。

代表的な製品

フルーク・キャリブレーションオシロスコープ校正器9500Bは、正確な手動操作が不要で完全自動化です。
また性能のコストの両面の要求を満たし、購入後でもアップグレードが可能となっています。
横河メーター&インスツルメンツの2553Aは熱電対、測温抵抗体を用いて温度計・温度調節を校正出来ます。
もちろん電圧、電流測定きの校正も可能です。

付属品やオプション品

各メーカーにより異なりますが、横河メーター&インスツルメンツの付属品&オプション品には各メーカーには、安全端子アダブタセットや測定リード、RJセンサーなどあります。
また3フルーク・キャリブレーションは、3000A用25ターン電流コイル・6000A用50ターン電流コイルなどあります。

校正器の使い方

校正器の使い方

校正器はメーカーや機種によって使い方は変わってきます。測定を行う機械ですので、様々なスイッチが存在しています。
たとえば偏差をみたり、出力を表示したり、温度・スケール・スイープ・レンジ・電圧などのスイッチなどがあります。測定の目的によってこれを調整し使いこなしていきます。
機種によってはよりハイテクなものもありますので、まずはメーカーの取扱説明書よく読んで機械のことを把握してから使いはじめてみてください。

校正器の修理方法

校正器は計測を正確に行うための機械なので、ご自分修理をなされることはお薦めできません
校正器をご自分で修理をなされた場合にはこの機械の信ぴょう性がなくなってしまいます。
機械に不具合がでた場合にはメーカーや専門店で修理をされることをお勧めいたします。

FLUKE社製が人気があります!

校正器といっても、様々な種類がありますが、その中で安定した人気を誇るのがFlukeの校正器です。

中でも圧力校正器は元値が高い分、新品では購入が難しいので、中古市場での需要が高く弊社としてもflukeの圧力校正器の買取に力を入れています!

買い替えなどで、まだ使えるけれど使用しなくなったfluke圧力校正器をお持ちの方、弊社にて買取いたしますので、ぜひご連絡を!

また、圧力校正器以外でもお問い合わせくださいませ!