今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
精密デジタル水準器
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

精密デジタル水準器の買取

精密デジタル水準器の買取

精密デジタル水準器とは?

精密デジタル水準器とは

精密デジタル水準器とは、以下のような特徴を有する機器のことです。

まず、精密デジタル水準器は水平調整の機能を有しています。この機能は、今では効率化が進められているので、新しい精密デジタル水準器ほど、効率化、管理が同時に行える作りとなっており、しかも、精密デジタル水準器という名称のとおりで、今ではデジタル化にも成功しているのです。

デジタル化の良いところは、マニュアルに従って操作できるところにあります。

かつては、取り扱いの難しい機器とされていましたが、今ではマニュアルに沿って動かすだけで、大まかな動きの予測、取り扱いのミスなどを軽減できる機器として評価されているのです。

他にも、精密デジタル水準器には各種センサー類(CISセンサーなど)が装着されているため、計測で使用する際も、デジタル表示を確認しながら作業を進めることができます。

さらに、今では精密デジタル水準器に無線システムが導入されています。
無線システムの利点は、機器を直接操作するのではなく、機器以外の端末を用いて操作できるところにあります。

これにより、離れた場所から機器を動かす、センサー類を通じて得た情報をまとめることが可能になり、作業の効率化を目指すことが可能になりました。

このような機能は専用の端末の用意、もしくはスマートフォン、タブレット上で操作可能となっておりますので、精密デジタル水準器は、汎用性の高さにおいても一定の評価が存在します。

しかも、端末からの操作をサポートするアプリは、無料管理アプリと呼ばれているものを使用するだけで、端末からの操作が可能となるのです。

また、精密デジタル水準器の一般的な機能ですが、水平測定、傾斜角度、位置合わせ、他にも表面平坦性識別、振動測定といった細かい測定を可能としている機能を有しています。

前述のとおり、リモート機能も有しているのですが、精密デジタル水準器の使用時に得られる情報のほとんどは、リモートでデータの保存が可能になっているのも特徴的です。

精密デジタル水準器を高価買取してもらうポイント

機械を設置するときやセットするときなどに用いられている精密デジタル水準器ですが、高額買取するためのポイントは、やはりきれいな状態であることです。

建設現場や工場で使用されていることが多い製品であるため、管理方法が悪いとすぐに汚れてしまうことがあります。使用したらきちんと汚れやほこりを拭き取っておきましょう

水平がきちんと出ない状態では、買取自体が不可能になってしまうことが多いため、必ず動作確認を行うと共に、配送中に壊れてしまうことがないように梱包もきちんとしておかなければいけません。

このような製品は、より高性能な方が高く売れるので、古くなってからよりもできる限り早く売ることが高額買取してもらう方法だと言えるでしょう。

精密デジタル水準器を買取したお客様の体験談

精密デジタル水準器を買取したお客様の体験談

60代男性 金属加工業者経営

新しくて性能のよい精密デジタル水準器をすすめられて購入したので、古い方を売ってしまおうと考えました。

どこで買取をしてもらうか最初は迷っていたのですが、以前別の機械製品や測定機類を買取してもらった業者があったので、またここでお世話になろうと考えました。

それは測定器・計測器買取ドットコムというサイトです。
以前と同じく買取依頼をしたのですが、以前と同様に高い金額が付いたのでよかったです。

他のところもいろいろと調べてみたのですが、そもそも買取をしてくれる業者自体が見つからないので、とても頼りになります。

50代男性 建設業経営者

今まで使用していた精密デジタル水平器がかなり古くなってきたので、そろそろ買い替えと考えていました。

購入した業者では、下取りをしてもらうことができないというので、自分でいろいろと情報収集をしてみたのです。

なかなか買取をしてくれるところが見つからなかったのですが、測定器・計測器買取ドットコムという業者であれば買取してくれることがわかりました。

早速依頼をしてみたのですが、本当に買取をしてもらうことができたのでよかったです
また何かあったら利用させてもらいたいと思いました。

代表的な製品

精密デジタル水準器には、KODのDI230Mのような代表的な製品も存在します。

こちらは、マグネット付デジタル水平器として販売されているのですが、汎用性の高さに定評があり、使いやすいデジタル水準器として高い人気を得ています。

また、精密デジタル水準器としての機能では、簡易表示によるデータの管理が行えるため、今まで水準器を利用したことがない人であっても、操作ミスしにくいという利点があります。

しかも、近年になって精密デジタル水準器のほとんどはコンパクトになりました。KODのDI230Mもその1つなのですが、コンパクトになっただけでなく、頑強さもアップしておりますので、あらゆる環境で利用できる面も高く評価されています 。

他にも、KODから販売されている水準器には、簡単精度補正機能、デジタル反転表示機能、電源のオートOFF機能が搭載されています。

付属品やオプション品

精密デジタル水準器の付属品には、以下のようなものが存在します。

アルミケースが定番とされていますが、定番とされている理由は、精密デジタル水準器が意外と脆い作りになっているからです。精度の高さを誇る機器ということもあり、今では、アルミケースを購入して外的衝撃に備えている人が数多くいるのです。

他にも、測定用ソフト、真直度ソフトといった付属品も存在します。

今では、水準器もアナログの測定からデジタルの測定へ移行している時代なので、そのような測定をサポートする目的で、測定用ソフトなどが売られるようになったとされています。

使用目的は、主に無線接続中の操作のサポートで、水準器のほとんどは、外部からの 入力により水準器を動作させる、データを取得することが可能になっているのです。

精密デジタル水準器の使い方

精密デジタル水準器の使い方

水平を測りたいものに水平器を置き、気泡の位置を確認します。

水平ならば気泡の位置は中心にあります。最近のデジタル方式では、この「気泡」が無くて数値のみのタイプもございますので、そちらの方ならば電源を入れ計測したい箇所に置くだけです。

水平ならばゼロを指し示します。

また、上位機種になると測定データを無線で出力したり、USBでパソコンにデータを一括して送信出来るタイプもございます。

精密デジタル水準器の修理方法

水準器に衝撃を与えるとガラスやプラスチック部分の破損または、本体の故障の原因となます。

また、 ゼロ基点(気泡位置)の狂いが生じてしまった場合にはメーカーか販売店ご相談して下さい

ご自身で調整する事は避けて下さい。