今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
絶縁抵抗計
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

絶縁抵抗計の買取

絶縁抵抗計買取

絶縁抵抗計とは?

絶縁抵抗計とは?

測定器の種類にはいろいろあるのですが、その中には絶縁抵抗計と呼ばれている種類もあります。保守点検用電気計測器の一種であり、回路などの絶縁抵抗測定試験に用いられている種類です。接地抵抗計とよく似ている種類だと言えるでしょう。昔は手で回して電力を溜めるというのが一般的でしたが、現在では電池で動くタイプになっているのが一般的です。回路や線の間の絶縁がしっかりと保たれているのか測定する機械なので、かなり重要な測定器だと言えるでしょう。

別名電気抵抗計とも呼ばれているのですが、やはり電気関連の業者でよく使用されている測定器なのです。昔のように手で回して電力を蓄えるタイプは滅多に見かけなくなりましたが、大きく分けると数値がデジタル表示になっている種類と、針が差した数値によって測定するアナログ表示の2種類が存在しています。どちらも測定しやすいのですが、最近はデジタルの方が測定しやすいという人が増えています。

絶縁抵抗計も接地抵抗計と同じように、抵抗の値を測定する物なので、オームという単位で表示されるのが一般的です。絶縁抵抗計の場合には、表示の欄がメガオームになっていることが普通です。それだけ数値が大きくなるのでメガという単位を用いているのでしょう。やはりいろいろなメーカーから販売されているのですが、他の測定器ほどたくさんのメーカーから販売されているというわけではありません。また、どこのメーカーでも基本的には同じ形をしています。

ただし、アナログ表示の物とデジタル表示の物では、形は殆ど一緒なのですが、多少見た目が異なっているのが特徴です。以前はレンジに合わせて複数の種類を揃える必要があったのですが、最近ではこのような面倒なことはせず、僅かな数で代用できるようになってきています。それでも1つでは十分だとは言えません。それだけ電気というのは奥が深いですし、一歩間違えれば重大な事故に繋がってしまうので、資格を取得した人などが絶縁抵抗計を使っているのです。

絶縁抵抗計を高価買取してもらうポイント

高く査定してもらうポイントは、まず絶縁抵抗計が正常に作動することです。
また使わなくなったらそのまま放置するのではなく、すぐに査定してもらうことがポイントです。さらに、説明書や付属品、オプション品などあるならば高価買取になるでしょう。
その他、絶縁抵抗計の外観が壊れていないかテストコードが痛んでいないかも確認が必要です。また、買取前には綺麗に絶縁抵抗計を清掃することもポイントです。

絶縁抵抗計を買取したお客様の体験談

絶縁抵抗計を買取したお客様の体験談

30代男性

当社では電気工事を主に行っているのですが、たくさんの計測器が揃えられています。
しかし、最近は工事の案件が減ってしまい、無駄になった測定器買取をしてくれる業者を探していました。
その中には絶縁抵抗器という種類もあるのですが、割と使い込んでいるので、売れなければそのまま処分することも考えていたのです。
測定器・計測器買取ドットコムというところでなら買取ができるというので、他の計測器も一緒に買取をしてもらうことにしました。
絶縁抵抗器も買取をしてもらえたのでよかったです。

30代女性

私は電気会社で事務をしているのですが、社長からいらなくなった絶縁抵抗器を買取してくれる業者を知らないかと言われました。
一段落したところで、仕事の合間を縫ってインターネットで調べてみると、測定器・計測器買取ドットコムという業者なら買取をしてくれるみたいだと告げたのです。
早速買取依頼をしてみることにしたのですが、どれぐらいの価格で売れるのか不安でした。
配送してから数日で査定の連絡が来たのですが、思ったよりも高く売れて、社員一同とても喜んでいました。
すぐに料金も振り込んでくれたので、社長はまた何かあったら買取依頼をすると言っていました。

代表的な製品

日置電機

絶縁抵抗計IR4053はPVの絶縁抵抗を昼間でも安全にまた、正確に測定します。さらに、発電中の太陽光パネルの影響を受けずに測定が出来ます。

三和電気計器

HG561Hは低電圧が600Vの電炉で、電気設備の絶縁抵抗値また電圧測定・抵抗測定や誘導チェックが行えます。

付属品やオプション品

東京衡機試験機の高強度型圧縮試験機には爆裂防止の「破断検出機能」付きや、飛散防止カバーやデーター処理装置、ワンタッチ条件設定機能などの付いたオプションがあります。

絶縁抵抗計の使い方

絶縁抵抗計の使い方

絶縁抵抗計を使用するためには、アース端子が必要不可欠だと言えるでしょう。これは接地抵抗計と一緒です。
通常は分電盤などのアース端子を用いることが多くなっています。アース端子を接続したら、主幹ブレーカーオフにしておきます。次に他のブレーカーを全てオンにしなければいけません。それからリード線を接触させて測定を行います。
この手順さえ覚えておけば、初心者であってもしっかりと数値を測定することができるでしょう。

絶縁抵抗計の修理方法

絶縁抵抗計が壊れたと思ったら、まず電池が切れていないか確認しましょう。また、ケーブルが切れていないか、切れかかっていないかの確認も必要です。
それでも改善できない場合には、購入した業者やメーカー修理の依頼をしましょう。