今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
輝度計
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

輝度計の買取

輝度計買取

輝度計とは?

輝度計とは?

光の明るさの名称には、光度・輝度・光束・照度があります。
光度は光源からある方向に放射した単位立体角の光の明るさを表し、光束は光源からある方向へ放射された全ての光の明るさです。
そして光源によって対象物が照らされる度合いは照度と言い、照度計を使いますが、数ある測定器のなかの輝度計は、光源から出る光の量光源の明るさ測定する機器です。
輝度とは光源の明るさに対して人の感じる量を表され、電気の下で読書をする明るさは照度で輝度は信号の色を判断するための明るさです。 また輝度は光源の大きさに影響されないという特製があります。
単位面積当たりの明るさを示し、単位はcd/m2になり測定は輝度計で行います。
さらに輝度計はすりガラスなどの光を散乱し透過するものまた光を拡散反射する二次光源するものを測定するために使われます。
その他私たちの身近にある液晶などのディスプレイの画面明るさの度合いなども測定したり、LEDや蛍光灯などの室内の照明機器の測定にも使用されています。
他にも電子カルテのモニター管理、道路照明やトンネル照明、空港照明の標識測定イルミネーション、医療用照明などにも利用します。各種イルミネーションや屋外看板などはハンディタイプの輝度計を使い測定します。

【 輝度計の種類について 】
輝度計には幾つかの種類があります。
色彩輝度計:メーカーにもよりますが、イメージング色彩輝度計は二次元でのディスプレー全面が測定でき色のムラを測定でき、文検査速度はスポット色彩輝度計よりは落ちますが高度な検査が可能な輝度計です。

2D色彩輝度計:LED照明、OLED照明などの発光部、照射麺の輝度や色度の村を測定・評価をします。さらに、三種のレンズで幅広い用途に対応しています。

カラー輝度計:3種類の光源補正係数が入力済みで、最大、最小、平均、偏差の計算機能またデーター補正の機能などの測定に便利な機能も付いています。

輝度計を高価買取してもらうポイント

まずは使わなくなった時が高価買取のポイントです。
また輝度計の高価買取をしてもらうためには、商品の状態を確認することが必要です。
正確に測定や計測ができているかが高額買取のポイントになります。

さらに買取査定を依頼する前に検査書や付属品の有無、また清掃をして再度必ず動作確認を行うことです。
綺麗に清掃することで高く査定してくれることもありますので、査定前の清掃がおすすめです。商品の詳細説明情報も伝えることも大切と言えます。
また、発送する場合には発送中にダメージを与えないように梱包は厳重に行うことです。
梱包にガタつきなどが無いように注意して下さい。

輝度計を買取したお客様の体験談

輝度計を買取したお客様の体験談

満足のいく取引でした

輝度計の買取を依頼したのですが、買取にかかる時間が短く、しかも複数同時買取の依頼を出しても良いということで、満足のいく買取となりました。

特に良かったところは、中古品輝度計であっても買取可能となっているところです。私は、あまり輝度計の買取依頼を好ましく考えていませんでした。というのも、本当に高く売ることができるの?中古品だと評価が悪いために、良い査定結果が出ないこともあるのでは?なんて思っていたのです。ですが、こちらではそのような審査品物の買取実績があることを教えてくれたので、買取前から安心して買取依頼を行うことができました。

実際に、商品の買取のみ専門的に行っ ているのではなく、クリーニング、メンテナンス後に中古品を販売しているコーナーを設けておりますので、自分の所持している輝度計でも買取可能で、且つ必要とされている方お譲りできるということも、先に知っておくことができました。今では、中古の輝度計であっても高品質のものがあるのは確かなので、よほど古いものでなければ買取価格が安定するということも、アドバイスしてもらえました。最初から最後まで、安心して中古品を買い取ってもらえただけでなく、販売についても多くの実績があるので、相場以上で買取してもらえた輝度計まであります。

代表的な製品

LS-110スポットタイプ一眼レフ方式デジタル輝度計は、コニカのハンディタイプ。低・高輝度まで測定が可能です。またRS232Cによる双方向通信でパソコンの制御が出来ます。
色彩輝度計(CS100A)もメーカーはコニカのハンディタイプで輝度・色度測定が非接触で測定できるタイプです。
トプノンテクノハウスの色彩輝度計 BM5A(3f0605)はロングセラー商品、ディスプレイや照明関連の光化学特製評価やオーディオ、自動車のインスツルメントパネルなどの微小面の輝度・色度測定が可能です。

付属品やオプション品

オプション品には受光部と表示部分を分離可能にする延長ケーブルや、RS-232C出力でパソコンと通信できるケーブルもあります。
また付属品には専用ケースやクロマチャーアイピースキャップなどあります。

輝度計の使い方

輝度計の使い方

輝度計ですが、使用方法はビデオカメラの使用方法とかなり似ています。
例えば、どのような用途で使うものなのかを理解しておき、輝度計モードを用途に合わせるだけで、後はシステム上で問題なく動くようになっています。
なので、輝度計を使う際はモードの設定をミスしないように注意するだけで問題ありません。
それと、人間の目で同じ感度でも明るさ、もしくは色味を測定できるようになっています。輝度計の中には、分光放射輝度計に等しい制度で、輝度などを測定できるものもありますが、こちらについても複雑な操作方法となっていないので、ビデオカメラのように調整を行ってから、計測したいものに向けて輝度計を使用するだ けで問題ありません。

輝度計の修理方法

輝度計ですが、修理する際はエラーをチェックしてから、修理を開始すると安定した修理を行うことができます。
例えば、本体部、受光部の取り外しを行ってから、エラーサインが出ていないか、動作不良が確認できないかをチェックしましょう。
受光部取り外しは、使用マニュアル(取扱説明書)に詳しい方法が記載されているので、そちらを参考にして外すだけで問題ありません。
壊れている箇所を発見した際は、新しいものに取り替えてから、エラーサインが出ずに動作するかチェックするだけで、元の状態に戻ることもあります。

コニカミノルタ製の2次元色彩輝度計をお持ちではありませんか?

コニカミノルタの2次元色彩輝度計、特にCA-2000をお持ちの方、現在使用されていないのであれば、弊社にて売却しませんか?

現在、生産終了となっています2次元色彩輝度計CA-2000は、未だ需要が高く、後継機が発売されてもCA-2000を使いたいという人が多いのが現状です。

中古市場でもすぐに買い手が見つかる優良商品であり、弊社では特に、コニカミノルタ製2次元色彩輝度計の買取に力を入れています。

まずは、無料査定(お電話・メール)から。