今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
顕微鏡
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

顕微鏡の買取

顕微鏡の買取

顕微鏡とは?

顕微鏡とは?

顕微鏡といえば、小学校の理科の時間に顕微鏡を使ってさまざまな実験を行なった覚えは誰もがあるかと思います。この顕微鏡は1670年にオランダの科学者、アントニー・ファン・レーンベンフックが虫眼鏡のレンズの倍率を変えることで倍率を上げること発見し、世界で初めてシングルレンズの顕微鏡を誕生させました。

アントニー・ファン・レーンベンフックはこの顕微鏡を使用して微生物の観察をすることに成功しました。レーンベンフックの発明によって生物学界に新しい道筋ができたため、彼は“微生物学の父”と呼ばれる存在となりました。レーンベンフックはその生涯で500個以上の顕微鏡を製作しています。現在も数個が存在しヨーロッパにある博物館で見る事ができます。しかし 、彼の使用していた顕微鏡の使用方法は非常に複雑で一般的な市場で普及することはありませんでした。複式顕微鏡(2枚のレンズを組み合わせたレンズ)は1590年に差はリアス・ヤンセン親子によって原型が確立されたと言われています。

シングルレンズとは違い、2枚のレンズを使用する事によってより倍率が上がりました。その後、顕微鏡は様々な発明家や科学者によって改良・開発され発展していきます。顕微鏡の発明によって肉眼では見えない生物や物質を観察することができるようになりました。顕微鏡には生物を観察する用の生物顕微鏡と物質(金属など)を観察する用の金属顕微鏡のがあります。

生物顕微鏡は生物に光をして観察していくことから、透過性顕微鏡という名称でも知られてい ます。その他、測定顕微鏡、ビデオ顕微鏡、紫外線顕微鏡、赤外線顕微鏡、工業用共焦点顕微鏡、生物用共焦点顕微鏡、電子顕微鏡、走査型プローブ顕微鏡、電子顕微鏡(透過性電子顕微鏡・走査電子顕微鏡)、超音波顕微鏡など多種多様、多目的のための顕微鏡が作られています。現在、科学の発展に伴って顕微鏡も年々進化していっています。顕微鏡は生物学だけではなく遺伝子の研究や医学界の研究にも貢献しています。

顕微鏡を高価買取してもらうポイント

顕微鏡を高価買取りしてもらうには、まずは正常に使えるということが大前提です。顕微鏡のレンズがなくなっている、割れていて対象物を正常に見ることが出来ない、などの場合は買取金額は下がります。また新品の方が買取価格は高くなり、未開封品が買取価格は一番高いです。
傷や汚れがあるとこれも買取価格に影響し、顕微鏡本体や部品は汚れておらず傷がない方が良いです。もしも売るとなったなら、汚れがあれば掃除して出来るだけ綺麗にしてから売った方が高く売れます。
付属品がある場合は、すべての付属品パーツ揃っているべきです。特に顕微鏡はレンズで倍率を変えて対象物を見ますので、レンズが一部なくなっているなどの場合は、大きく買取価格は下がります。

顕微鏡を買取したお客様の体験談

顕微鏡を買取したお客様の体験談

20代/男性/医療関係

引っ越しをすることになったので、家にある顕微鏡は邪魔になり、売ることにしました。試しに電話してみると査定額を教えてもらい、売ることが出来るとわかり良かったです。顕微鏡はそのまま箱に入れて送付すれば買取してもらえたので、買取までも簡単手間もかからず良かったです。

40代/男性/会社員

昔買った顕微鏡が長い間使わず、不要で捨てるのももったいないと多い、買取してくれるところを探して、このサイトを見つけました。近くに営業所は無かったので郵送での買取となり、顕微鏡は精密なので郵送しても大丈夫かと心配でしたが、緩衝剤などを箱に入れて顕微鏡に衝撃が伝わらないようにして送りました。古い型の顕微鏡でしたのであまり値段は付きませんでしたが、捨てるよりも多少でもお金になり、売って良かったと思います。

50代/男性/自営業

息子が使っていた顕微鏡が、独立するということで不要になり、買取サイトに売りました。汚れが少しあったので、売る前には綺麗に掃除しておき、息子も一緒に手伝ってくれて助かりました。本当は息子が買取店まで持っていく予定でしたが、急遽独立し引っ越すことになり、郵送買取をしてくれるところに、顕微鏡を送って売りました。

代表的な製品

顕微鏡のメーカーとしては、ケンコーニコン・ミザールテック・ビクセン・Crenova・カールツァイスなど光学機器メーカーが顕微鏡を販売しています。
製品としては、ケンコー Do・Nature STV-120M、ビクセン 双眼実体顕微鏡 SLシリーズ SL-40N、カールツァイス ズーム式 双眼実体顕微鏡 Stemi 305 Cam、ニコン 双眼実体顕微鏡 ネイチャースコープ ファーブルフォト、Crenova USB 2.0デジタル顕微鏡などがあります。

付属品やオプション品

顕微鏡の付属品としては、顕微鏡用アダプター、顕微鏡レンズ、カバーグラス、プレパラート、ケース、フィルターなどがあります。
レンズは最初から付属していることも多いですが、オプションで追加すると倍率が高いレンズが使えたりします。

顕微鏡の使い方

顕微鏡の使い方

顕微鏡は使用する目的や用途によって様々な顕微鏡が開発されており、メーカーや機種によっても使用の仕方は様々です。
一般的に顕微鏡を使用する時にはその対象物をクリアーに見るためにピンとを合わせていき、そして顕微鏡についている分解能コントラスト機能調整をしていきながら使用をします。
医療用や半導体用などの複雑な顕微鏡の場合には使用をするためのトレーニングなども必要になるかと思います。一般的な顕微鏡の場合には取扱説明書をよく読んでからご使用することをお勧めいたします

顕微鏡の修理方法

顕微鏡の不具合の一番多い要因は何かしらの原因で焦点が合わない場合はレンズに支障があると思われます。
しかし顕微鏡のレンズを素人が交換することは非常に難しい作業になりますし、検査目的の顕微鏡であれば特に素人が修理するということは避けた方がいいでしょう。
何か不具合があった場合にはプロの修理店修理することをお勧めいたします。