今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
フィルタや近い世代の関連機材とセットで買取評価額UP

フィルタや近い世代の関連機材とセットで買取評価額UP

測定器

測定器や計測器、購入時にはその機能や性能世代など、さまざまな項目を気にして選んでいたのに、買取をお願いする頃には「新しくやってくる機材のことで頭がいっぱいで、十分検討せず、二束三文で下取りや買取を進めてしまった」などという失敗談も多いものです。

また、本体だけ下取りや売却を進めた結果、その製品にしか使えない各種のアタッチメントやパーツ、システムなどが、どこにも売れない高額の廃棄物として手元に残り、事務側から大目玉を食らったケースなども多いもの。

そこで今回は、測定器や計測器の買取を予定しているときに、どういった点に注意すれば、無駄のない機材入れ替えと資金化が可能なのかといった点について、ご紹介します。

入替と同時に「もしも安い下取りに出す」のであれば、買取では日本一の私ども、測定器・計測器買取ドットコムにぜひご相談ください。
専門のスタッフが、コンディション、国内マーケットなど様々な情報をもとに、お客様の立場に立った迅速な買取査定で対応させていただきます

新機材到着と同時の下取りは、とってもキケン

新機材購入納品と同時に、多くの方は旧機材を下取りで入れ替えてしまいます。
ですが、その後、古いデータを利用しようと考えた時に、再測定や旧機材関連製品をレンタルした経験、購入到着後に古いPCなどをいそぎ調達しなければならなかった経験などはありませんか?
こうしたレンタル費用も実はバカになりません。

特に計測分野では、この10〜15年間ほど、各業界で様々な爆発的技術革新が起こっています。ISOシリーズ普及に伴い、計測時や記録時の誤差などもしっかりと記録して管理しておくのが、各業界標準としてすっかり定着しました。

こうした記録が手元に残っていないケースでの補正用途をはじめ、新機材到着後に互いの機材の特性差をよく理解・トレーニングするためにも、両者が同時に手元に残っている期間があったほうが理想的です。

旧機材専用のデータフォーマットや端子、アタッチメントや規格の対応状況などを新機材検討前にリストアップ

とくに画像データで共通フォーマットではないケースなどを中心に、新機材向けデータ移行する際に、旧機材そのものや旧機材の周辺機器でデータを再処理する必要があるケースも存在します。

またそれら機材が単独では動作しないケースもあり、各機材が新機種でも使用できるのか、対応しているデータ移行用の独立ツールなどは存在しているのか、またその使い勝手はなど、さまざまな事前検討と準備が必要です。

通常データ移行などを進めたら「こんなはずではなかった」といったことが発生しがち。
データ面だけでなく、ソフト面、ハードウェア面含めてリストアップして、代表的な移行方法、新機材での移行時トラブルの際の対応法の検討などもふくめて進めることで、機材選びでも適合性が「より」高まります。
またこうした事前作業を通じて、新たな機材到着後に不要となる機材〜すなわち「旧機材とともに売却できるもの」を確実に切り分けることも可能となります。

端子類など、現在では多くの機材では新世代に移行したものなどは、旧製品とあわせて買取する方がお値段も高くなりオススメです。
とくにデジタル系機器では、ジャンク扱いか製品扱いか程度の査定額の開きになることもあります。

業務分野の技術世代を一覧化して、機材の対応状況を分析

特に、完全マニュアル測定計測機材から、最近はやりのワンマン測定、自動計測などに移行する際には、不要な旧機材関連製品が大量に発生することも多くあります。

それらの機材やオプションパーツでなければできないことをしっかりと切り分けて、今後の機材の流行や廃番状況などとあわせてチェックしておけば、管理備品のメンテナンスや保管ムダも防げます。

非メカニカルツールの周辺機材は、買取ではお値段が付きにくいこともおおくあり、引取自体が不可能といったこともありますが「旧製品とセットなら」高額査定につながるケースもあります。

1機材の入れ替え時に、業務分野と各機材の技術世代分析を行うことは、会社のスリム化・売却益の面でも大きく貢献します。

こうしたポイントをチェックしたら、買取相談も不安なく可能に!

買取依頼時には、同世代の関連機器も併せて見積もりを行えば、その汎用性の高さから買い取り額はUPします。

当社では広大な設備メリットと、取扱件数で、年間を通じて安定した各種測定器や計測器の高額買取を実現しております。
下取り価格や地元での売却査定に不満なら、ぜひ測定器・計測器買取ドットコムに買取をご相談ください。