無料査定・お問い合わせ

営業時間 10:00-17:00 土日祝定休
※無料査定フォームからの買取査定依頼は年中無休(365日24時間)受付

テスターついて細かく解説

テスターのファンクションとレンジについて

テスターのファンクションとレンジについて

テスターはあらゆる数値を測定して検査を行う装置であり、その中でも電圧測定や導通検査などで多く使用されています。
このようにテスターは電圧や抵抗のように電気関連の現象を測定したり、また電気を可視化するための道具に使用されていて、それぞれの測定に適した測定機能測定範囲を設定して使用することになります。

それぞれのテストを行なう際に操作方法や当て方などが異なりますので、それぞれの操作方法を十分に知っておく必要があります。
アナログ式のテスターにはアナログメーターがついていて、テスターの下半分にはロータリースイッチがあり、ファンクション(測定機能)レンジ(測定範囲)を設定するようになっています。

ゆえに測定に沿ったファンクション機能でテスターを選択したり、同じテスターの中で付加ファンクションを選択したり、ファンクションとレンジによって適合したテスターを選択して使用することも可能です。

このように電圧測定や抵抗、その他電気関連の現象などを測定するために使用されるテスターは、あらゆる研究室や会社、工場などで利用されています。

アナログ、デジタルテスターのレンジとカウント数

アナログ、デジタルテスターのレンジとカウント数

テスターにはデジタルテスターアナログテスターがあります。
その名前の通りにアナログテスターは数値を針で指し示すアナログ式で表示され、デジタルテスターはデジタル数字で表示されますが、デジタルテスターが必ずしも使いやすいというわけではありません。

値が少しずつ変化するような場合は、デジタルテスターでは測定することが困難であり、アナログのほうが針の振れ具合で予測や測定を正確に行なうことができるでしょう。

容量を抵抗計で比較するときにもアナログテスターが必要になります。
測定された数値を表示する時間はアナログ式の方が早く、デジタル式の場合は測定レンジが安定しなかったりなど、一般的に反応が遅くなっています。

けれども機能の切替が必要な際にもデジタルテスターの場合は切り替えなくて良いことがあり、またデジタルの場合は有効な数値でなくても測定された数値が表示されます。
またレンジの%の代わりにカウント数を使用するテスターもあります。

この場合には使用するレンジと桁数で決まる最少分解能を1カウントとして指定のカウント数を乗じて計算されます。
こうして使用レンジや経過時間によってカウント数が決定されることになります。

テスターの安全性について

テスターはあらゆる電気関連の数値や電圧、抵抗など電気に関するあらゆる数値を測定することから、安全な環境危険なく使用することが大切です。

ですからテスターは国際規格でテスターを使用する人やその周りを保護するために規定されており、これを確認するために試験方法が定められています。

この国際規格は世界各国に整合されていて、日本ではJIS規格がそれに該当しています。
テスターで測定できる電圧は安全に使用されるように、仕様項目に測定箇所の電圧レベルや測定カテゴリ、過渡過電圧が記載されています。

一般のテスターで測定したら被測定電圧が測定電圧範囲内でも、許容入力を超えるインパルス電圧が入力されて内部回路で絶縁劣化を起こす可能性があります。

これにより電力容量が大きければインパルス電圧が引き金となって短絡事故が起こるかもしれません。
ですから電力ラインで安全に利用可能なテスターを選ぶことが重要になります。

テスターのレンジに短絡事故防止用ヒューズなど過電流保護装置がついているか、または設計上事故を防ぐように配慮されているか確認することも大切です。

テスターの選び方

テスターの選び方

テスターはどのように選択すれば良いでしょうか?
まずテスターはアナログとデジタルがありますが、無条件デジタルが良いというわけでもなく、それぞれ長所と短所がありますので測定する目的に適合したテスターを選択する必要があります。

回路から見ればデジタル式の方が数値を正確に測定することができ、中間で変化があったり変化を見守る必要がある場合にはアナログ式の方が適合しているでしょう。

またデジタルの方があらゆる機能がついていて、導通ブザーで接続を音で知らせる機能などもあり、使用しやすい面も多いでしょう。

このようにアナログテスターは正確さには劣りますが針の振れを観測して感覚でも電気を感じることができ、デジタルは正確さはもちろん操作も簡単で機能も豊富となっており、現在ではデジタルが主流になっています。

またテスターを使用する場合には1つよりも2つ使用する方も多く、2箇所を一度に測定できたり状況に合わせてデジタルとアナログを使い分けるなど、用途によって使い分けることもお勧めです。

テスターを初めて使う方の場合には使いやすいデジタルテスターから使用される方が良いでしょう。

当店の宅配買取の安心ポイント

お客様が安心して買取できるよう、様々なサービスを実施しています。

宅配買取の安心ポイント
  • 宅配買取なら日本全国対応
  • 事前に買取予定額を提示
  • 最短で即日入金
測定器・計測器買取ドットコム 測定器・計測器買取

宅配買取の手順

簡単、3ステップで買取が完了します。まずはお気軽にお問合せ下さい。

宅配手順1
①査定依頼・買取依頼簡単無料買取査定フォームから売りたい商品についてお知らせ下さい。専門のスタッフが現在の相場などから適正金額を算出し、ご連絡します。
宅配手順2
②買取予定金額確認・梱包・発送金額にご納得いただいたら、商品と必要書類をお送りください。
※ご希望なら、宅配業者による集荷も可能です。
宅配手順3
③買取金額確定・お振込み実際の商品を検品させていただき、最終買取金額をご連絡します。最終買取金額をご了承なら、代金を送金いたします。