今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ケーブルアナライザー 買取

2014年1月16日

ケーブルアナライザー
ケーブルアナライザーと言うのは、ネッワークケーブルの異常などを調査するための測定器具で、どちらかと言うと、製造現場で利用する機械が多い測定機器と言えます。
ネットワークケーブルなどを製造している現場で、製造したケーブルの合否判定のためにケーブルアナライザーを使い、製品の品質保持を行うと言う特徴があります。
ケーブルと言うのは、中芯があり、その周りにはビニールチューブなどにより絶縁処理が施されていますので、途中で断線があったり、他の線とのショートがあれば、そのケーブルは不良品と言う事になります。
また、断線している場合はともかくとして、他の線とのショートが起きていると、接続をした際に、接続機器などの故障の原因にもつながりますし、それに対する保証などもあります。
それゆえ、この商品を使い、ケーブルの合否を判定して製品として出荷が可能になるのです。

 
弊社を利用されたお客様からいただいたお言葉です。

【会社をたたむと言う理由で買取依頼した猪川さん(仮名)の体験談】
最近、会社をたたむことになりました。それに伴って不要になった物の買取を依頼することにしました。
買取ドットコムに買取を依頼しましたが、思った以上の金額で買い取りをすることができました。それによって会社をたたむことに伴う様々な費用にも、充当することができました。こちらの会社に買い取りの依頼をして良かったと思っております。

【迷っていたが金額に満足ができたと言う理由で買取依頼した丸橋さん(仮名)の体験談】
ケーブルアナライザーが不要になり、手放すかどうか迷っていました。買取して貰おうと査定に出したのですが、その時点でもまだ迷っていて、揺らいでいたんです。でも、査定で出た金額が思っていたよりも高くて、満足したので、買取してもらうことにしました。安かったら買取をやめておこうと思ったのですが、高くてよかったです。

 

アンテナの基地局などでは、ケーブルの敷設作業を行う事が多くあります。
このケーブルの敷設作業では、設置を行うケーブルに損傷や異常が無い事を確認した上で行う事が大切です。
そのため、ケーブルアナライザーと呼ばれる測定器具を利用して、ケーブルの損失測定やケーブル内部で起きている破損を事前に確認しておく事が大切なのです。
事前にケーブルの状態の良し悪しを測定する事が可能になりますので、設置後のトラブルが起きる可能性を大幅に削減してくれるのです。
測定機器と言う事もあり、精度が要求されるものですので、高額買取りは測定機器の精度により代わります。また、測定機器を購入してくれる会社は多くありますので、何社か比較をして買取り価格の見積もりを作る事でより高く売却する事が可能になるのです。