今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
排気ガステスター 買取

2014年2月24日

自動車を整備することが必要な場所として、自動車修理工場や一般整備工場、そして車検場といった場所では排気ガステスターと呼ばれている機器を利用しているものです。

排気ガステスター

一般的なガソリンスタンドでも使用している場合があり、来店されるお客様の自動車を検査する際に使用したりしています。排気ガステスターはマフラーから漏れる音ではなく、排気ガスの成分を検分するために必要な機器になります。

CO値やHC値などを表示することになり、決められた数値を超えている場合では、自動車を修理する必要があり、車検を通す場合では、必ず規定通りの数値まで設定しなければなりません。決められている数値に関しては、平成10年に改定されているために、自動車の年式によっても異なる部分になります。

排気ガステスターは通常では車検時に使用することの多い機器になりますが、検査結果によっては自動車のエンジンの状態を把握することもできるために、修理工場でも重宝されている機器になります。

排気ガステスターにもこれまでいくつものモデルが各メーカーから販売されてきましたが、より正確な数値を出すことのできる機器の場合では30万円から50万円クラスの高額商品とされています。

もしも排気ガステスターをお持ちの整備工場などで既に不用品となっている場合では、早期に買取り専門店に連絡をして売却することがお勧めになります。例えば既に廃業をしている修理工場や、新しい排気ガステスターを導入している工場などの場合では、古いモデルでもまだ使える状態ならば、十分に買取りで価値を見出すことができます。

サイズに関しては、各メーカー品によって違いがあり、幅が30センチ、奥行が40センチ、高さが20センチ程度のものが主流なサイズになっており、重量は5キロから10キロ程度のものが多い傾向にあります。そのため宅配買取りをご希望の方の場合では、ゆうパック・佐川急便・クロネコヤマトのご利用で十分に対応することができます。また、付属品としてサンプリングチューブなども忘れずに送付することが必要になります。