1. トップページ
  2. >
  3. 最新情報
  4. >
  5. フルーク fluke サーベイメータ 買取

無料査定・お問い合わせ

営業時間 10:00-17:00 土日祝定休
※無料査定フォームからの買取査定依頼は年中無休(365日24時間)受付

フルーク fluke サーベイメータ 買取
2016年9月1日

サーベイメーターとは、小型で持ち運びのできる放射線測定器のことをいいます。

このサーベイメーターについては、数年前に発生した東北大震災の際に福島原発の汚染漏れがマスコミでも連日取り上げられましたが、その取材のためにテレビレポーターが放射線漏れの数値を計測するのに利用していたということで、一般大衆にも随分知られるようになりました。

しかも、アマゾンなどの大手通販サイトでも2万円前後で購入することも可能なので、福島原発の近隣の方などは、すでに購入しておられる方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、放射線といってもその種類はかなり幅広いのです。

例えば、エックス線やガンマ線などの電磁波、あるいはアルファー線やベータ線、さらには中性子線などが所謂放射線といわれているものになります。

おまけに、こうした放射線は有害ではありながらも人間の五感では感じ取ることができないために、放射線漏れの疑いのある場合には上述したようなサーベイメーターで検出したり測定するしかスベはないのです。

ただし、放射線全部を一つのサーベイメーターで検出することは難しく、検知しようとする放射線の種類に合わせたサーベイメーターを使用する必要があるのです。

従って、適当にサーベイメーターで放射線の数値を計測すればよいというものではなく、今放射線の中でもどの種類の放射線を調べようと思っているのかという点を明確にして、その放射線を検知するための専用のサーベイメーターを使用しなければいけないということにもなるでしょうね。

そうしたことから、サーベイメーターには電離箱式サーベイメーターやGM式サーベイメーター、さらにはシンチレーション・サーベイメーター、中性子サーベイメーター、ベータ線やアルファー線専用のサーベイメーターなど、様々なサーベイメーターに分かれています。

それから、サーベイメーターと並んでよくテレビレポーターが取材で使用している放射線計測器の中には、ガイガーカウンターと呼ばれる機器もあります。

いずれも、放射線量を計測する機器になるのですが、一般的には土壌の放射線量を計測するためにはサーベイメーターが、一方空気中の放射線量を計測するためにはガイガーカウンターが用いられています。

ところで、こうしたサーベイメーターの中でも、フルーク社製のサーベイメーターを只今、弊社では高額買取をさせていただいております。

このフルーク社は、アメリカのワシントン州に本社があり、今日では日本をはじめアジア各国やヨーロッパなど全世界にフルーク社製の商品が流通しており、その品質面においては定評があります。

このフルーク社のサーベイメーターの買い替えや処分を検討しているという方は、ぜひとも弊社にご相談下さい。

皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

フルーク サーベイメータ