今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
光透過式 黒煙測定器 買取

2015年11月26日

光透過式黒煙測定器は、スモークメーターとも言い、光透過式と光反射式の2種類がありますが、これは、実際の車検の際にディーゼルエンジンから排出される黒煙濃度を測定する機械になります。 現在は、車検の規定によって、オパシメーターという、光透過式の黒煙測定器を使うことが決められており、色々な乗り物の黒煙濃度(排出するガス)を測定しなくてはなりません。

仕組みは、排気ガスを光透過式の黒煙測定器により測定しますが、その際、微粒子になった物質の汚染度のみを測定するというものです。 これは、PM測定といい、以前よりも小さい微粒子を測定することにより、人間の肺に危害を及ぼす可能性を考えて、害があるもののみを抽出するものです。 それにより、見た目きれいに見える低濃度の黒煙までも正確に測定できる様になりました。

それに合格したものは、規制値を下回る、すなわち、スクリーニング値(判定値)を満たしたものとして、合格しますが、そうでない乗り物が多いのが実情です。 現在使われているオパシメーターでは、2回測り、基準値以下であれば、合格し、検査が終わります。

現在は、オパシメーターと呼ぶのが主流で、その名前で販売されております。 配線の付いたものから、無線で充電できる(ワイヤレス)もの、リモコン付き、キャスター付きなど、様々な機種がございます。

こちらは、自動車検査用の測定器として、専門分野の方にとっては、無くてはならない機械です。 でも、やはり、新しいものがどんどん販売されて、目移りされることと思います。 そして、レンタルが出回っているのも実情ですね。

どちらにしても、今使っていらっしゃる測定器に満足いただいていない業者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ、弊社スタッフにご相談いただき、無料査定を受けてみてはいかがでしょうか?

色んな機械を取り揃えておりますので、現在のものを高価買取いたしますので、買い替えの時期には、ぜひ一度ご相談くださいませ。

光透過式 黒煙測定器