今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
アジレント Agilent

アジレント Agilentの買取

アジレント Agilentの買取

アジレントはアメリカのカリフォルニア州に2016年に設立されたラボ用分析機器の開発や製造を行なっている会社です。

新しい会社ですがライフサイエンスや応用化学市場においてリーダーの位置となっており、世界的にあらゆる装置やサービス、アプリケーション、専門知識などを提供しています。

アジレントはあらゆる分析装置や溶出試験、蛍光分光光度計や質量分析計、バイオアナライザなどの測定機器を製造販売しています。

測定器・計測器買取ドットコムではアジレントのあらゆる測定器の買取を行なっておりますので、あるけど今は使っていないというアジレントの測定器をお持ちの方は是非弊社に買取させて下さい!

まずはお持ちの測定器についてお電話でもお知らせいただけましたら、すぐに無料査定を行って買取価格をお知らせすることができますよ!

お持ちの測定器について詳しくお知らせいただき、付属品やオプション品がありましたらさらに査定アップの可能性がありますよ!

Agilent アジレント ファンクションジェネレーター

アジレント Agilent 測定器

>>アジレント パワーヘッド買取
>>Agilent データロガー買取
>>Agilent デジタルマルチメータ買取
>>Agilent アジレント パワーセンサ買取

高価買取の前に!

以下アジレント製品の不具合事例をまとめました。以下の様な事例がある場合は買取をお断りさせて頂く場合がありますので、ご了承願います。
■不具合、故障

製品の外観やケーブルなどに裂傷やスレなど毀損はありませんか?
Agilent パワーセンサ 擦れ傷

接続端子などのピンが折れているなど不具合はありませんか?
Agilent パワーセンサ 端子ピン

通常使用する際に支障がでるような酷い汚れや変色、カビなどの汚れがついていませんか?
Agilent パワーセンサ

アジレント Agilent 高価買取のポイント

アジレント Agilent 高価買取のポイント

アジレント Agilentの製品について高価買取のポイントとして、計器として正常な測定結果を出すことができるもの、検出した数値が常に安定しているもの。

更に機器に大きな傷や損傷がないこと、年式でいえば、年式が新しいほど高額買取の可能性は高くなります。

その他、購入した際に同梱されている付属品や取扱説明書等が揃っていると査定評価は高くなります。

現在、アジレント Agilentの製品の中でも、スペクトラムアナライザやデジタルオシロスコープが中古市場でも需要があり、弊社でも買取に力を入れています。

計器等は次々と性能の良い新しい製品が発売されている為、使用しなくなった時点で早めに売却すると、高額買取できる可能性が高くなります。

使用しないアジレント製品があれば、ぜひ弊社にご相談いただければと思います。

*専用の保管ケースも綺麗な状態であれば査定評価は高くなります。
専用 保管ケース

仮査定前の確認事項

アジレント Agilentの製品を無料買取査定に出す前に以下の点をご確認ください。

まず、機器をきれいにお掃除をしてください。本体の背面の排気口のあたりにホコリが溜まりやすいので、掃除機などできれいにしてください。

Agilent アジレント ファンクションジェネレーター 背面

ケーブル類も経年劣化でベトつきがある場合は、固く絞った雑巾などできれいに拭きとってください。
ケーブル
掃除後に通電の確認をお願いします
通電の確認
それから、購入時の付属品が揃っているか確認してください。電源コードやバッテリー、リモコンなどを紛失している場合、買取金額がかなり低くなるか、場合によっては、買取ができないこともありますので、ご注意ください。

また、機器にマジックなどで名前などの文字を書いている場合でも買取は可能なので遠慮なく、査定をお申し込み下さい。

*付属品に欠品がないか確認の上お申し込みください。
付属品 確認

*機器の型式などは正確にお知らせください。
Agilent アジレント ファンクションジェネレーター 型式

*あらかじめ、お客様の方で動作確認などしていただくと、スムーズに査定ができますので、ご協力をお願いします。
アジレント Agilent 動作確認

アジレント Agilent製品の買取前の清掃方法

*万能クリーニングシート・専用クロスなどを利用しホコリや指紋などをきれいに落としてください。細かい部分などは綿棒使って埃を取り除いてください。(電源ケーブルも忘れずにきれいに来てください)
アジレント Agilent製品 クリーニングシート クロス 綿棒 戦争

アジレント Agilent製品の梱包

*製品を購入した際の元箱や緩衝材がある場合、必ずそれらを使用しお送りください。

【元箱や緩衝材がない場合】
*アジレント Agilentの測定器・計測器本体をプチプチで包みます。
製品 プチプチ 包む

*一回り大きいダンボールの底にプチプチなどの緩衝材を敷き、その上にプチプチで包んだ製品を入れます。この時点でダンボールとの隙間があればプチプチや丸めた新聞紙などを詰めます。
ダンボール プチプチ 敷く

*最後に上部に隙間がある場合上にもプチプチや緩衝材を詰めて、ダンボールなんて製品が動かないように固定します。
ダンボール 余白 新聞 プチプチ 詰める

*厚手で大きめのエアパッキンを使用して頂くと、クッション性にも優れているのでお勧めです。
厚手 大きめ エアパッキン

アジレント Agilentの買取対応製品

アジレント Agilentのことなら弊社までお問合せください!買取後の運送料は、弊社がお引き受けいたします。

アジレント Agilent Cary 680 FTIR

アジレント・テクノロジー/Agilent Technologies

化学分析機器や電気・電子計測機器の開発・製造・販売・サポートを行う、業界最大手の企業。

240 AA
240 イオントラップ GC/MS
240FS AA
240Z/280Z AA
4100 ExoScan
4100 MP-AES
4200 FlexScan
4200 MP-AES
4300 ハンドヘルド FTIR
4500 シリーズ Portable FTIR
490 マイクロ GC
5100 ICP-OES
5500 シリーズ Compact FTIR
55B AA
5975C シリーズ MSD
5975T GC/MSD
5977A シリーズ GC/MSD
5977B シリーズ GC/MSD
5977E シリーズ GC/MSD
7000C トリプル四重極 GC/MS
7010A トリプル四重極 GC/MS
710 シリーズ ICP-OES 装置
720 シリーズ ICP-OES 装置
7200B シリーズ GC/Q-TOF
7820A GC
7890A GC
7890B GC
AA Duo AA
AA280FS AA
Agilent 6100 シリーズ 四重極 LC/MS システム
Agilent 6200 シリーズ Time-of-Flight LC/MS システム
Agilent 6400 シリーズ トリプル 四重極 LC/MS システム
Agilent 6500 シリーズ Q-TOF LC/MS システム
Agilent 6545 Q-TOF LC/MS システム
Agilent 6560 Ion Mobility Q-TOF LC/MS
Agilent StreamSelect LC/MS システム
Cary 610 FTIR 顕微鏡システム
Cary 630 FTIR
Cary 640 FTIR
Cary 660 FTIR
Cary 670 FTIR
Cary 680 FTIR

上記以外のアジレント Agilentの型式・製品でも買取出来る製品もございます。
査定は無料です!弊社買取担当者まで、お電話にて気軽にご相談下さい!

査定をしていても驚きます!

測定・計測器は高価なものが多いことは知っていましたが、査定依頼で持ち込まれた機器はかなりの高額のようで、

「本当にこの商品なの?」
と何度も、社のデータベースと商品とを見比べてしまいました。

Agilentの商品はお値段が付かないものもありますが、高額なものは何百万単位で取引されてるらしいのです。
(そんな商品出会ったことありませんが)

もし、会社で眠っているAgilentの機器がありましたら、査定だけでもお受けになってみては、いかがでしょう?
お宝が眠っているかもしれませんよ。