今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
スペアナ

スペアナの買取

スペアナ買取

スペアナとは?

スペアナとは?

スペアナとはスペクトラムアナライザの略で、周波数電力二次元グラフで表すための電気計測器のことです。無線機などの検査に用いられていることが多く、研究や設計の段階から検査、さらには修理などでも活躍する測定器となっています。もちろん無線機以外の物にも用いられることはあります。販売されている主なメーカーは、アドバンテストアンリツ、マイクロニクスがよく知られているでしょう。他にも海外のメーカーで取り扱われています。

大きく分けると低周波用と高周波用が存在しているのですが、高周波用がメインに使用されていると言っても過言ではありません。波形やグラフで表示されるのが一般的なので、全く知識がない人には扱いが難しいと言えるでしょう。まずは基礎をしっかりと勉強して、操作方法覚えてから動作原理についても理解し、初めて使いこなせる電気計測器なのです。もちろん近年はインターネットが気軽に見られるので、インターネット上で情報を集めて勉強することも可能です。

しかし、インターネット上での解説は、殆どが専門用語や難しい言葉を用いての説明となっているので、初心者向きではありません。ある程度理解している人向けの解説となっているので、通常は会社で研修時などに教えてもらうことが多いでしょう。電気計測器を使用している会社はたくさんありますが、スペアナを用いている会社というのは、無線などの通信機に携わっている企業限定されると言えます。

そのため、あまり知識がないという人が多くなっているのです。スペアナというのは、スペクトラムという信号を測定する機械なので、この基本的な内容だけでも理解しておくべきでしょう。測定器の種類というのは非常に多いので、覚えるのも大変になっています。ある程度知識が身に付いてきたら、原理などの勉強をしてみるのもよいでしょう。測定方法はそれほど難しいというわけではありませんが、ある程度の知識は必要になってくると思って間違いありません。

スペアナを高価買取してもらうポイント

スペアナは基本的に室内で使用する電気計測器になっているので、それほど汚れてしまう可能性は少ないと言えるでしょう。しかも精密機械なので、日ごろからきれいにしている人も多いですし、丁寧に使用している人もたくさんいると思います。もちろん高額買取をするためには、きれいな状態であることが大前提となります。
キズや文字などの擦れがあれば買取価格は下がってしまいますし、へこみや亀裂などは大幅な値下げになってしまうのが一般的です。また、付属品をきれいな状態で保管しておくことも重要なので、これだけしっかりと守っていれば、高額買取してもらうことができるでしょう。コード類などは特に亀裂が入っていないか注意しておくことが大切です。

スペアナを買取したお客様の体験談

スペアナを買取したお客様の体験談

40代女性

うちの会社で使用しているスペアナですが、新しい種類が販売され、使いやすそうなので交換することにしたのです。
今使用しているスペアナもまだ使えるので、捨ててしまうのはもったいないという話をしていました。
すると社員の1人から、業者で買取をしてもらうとよいという意見が出たので、測定器・計測器買取ドットコムで依頼をしてみたのです。
比較的高い値段買取をしてくれるようなので、きれいに清掃をしてから配送しました。
思った以上に高額買取をしてもらえたので満足しています。

40代男性

かなり長い期間同じ種類のスペアナを使用しているので、そろそろ交換しようと考えていました。
他の測定器もだいぶ古くなってきたので、スペアナと一緒に買取依頼をしようと業者に依頼したのです。
しかし、スペアナと1部の測定器は買取不可能と言われてしまいました。
そこでインターネットを使って検索をしていると、測定器・計測器買取ドットコムというサイトを発見したので、問い合わせをしてみました。
するとスペアナも他の測定器も買取可能だと言われたので、依頼することに決めたのです。
他の測定器はあまり高く売れませんでしたが、スペアナは比較的高く売れたのでよかったです。

代表的な製品

スペクトラムアナライザを製造しているメーカーとしては、RIGOLOsciumテクシオ・テクノロジー、アズワン、アンリツなどがあります。
製造製品としては、RIGOL 1.5GHzスペクトラムアナライザ、アズワン スペクトラムアナライザ 2-1442-11、アンリツ スペクトラムアナライザMS2840Aなどがあります。その他にも簡易型、iPad対応型スペクトラムアナライザ WiPry-Pro、教育用なども発売されています。

付属品やオプション品

スペクトルアナライザには本体以外にも、付属品として本体用ケースやケーブル、USBカードなどが付いており、ケーブルで変調器などと接続します。
オプション品として、アンテナ、アップグレードソフトウェアなどがあります。

スペアナの使い方

スペアナの使い方

スペアナの使い方は少々難しくなっています。まずは電源を入れ、センター軸水平周波数決めるという作業が必要になるのです。
このときの注意事項は、左端周波数プラスにしておくことです。次に信号を入力端子に接続をして、垂直軸の調整を行います。さらにRBWの設定も行ってから測定を開始します。
場合によってはノイズが発生するので、見やすくするための微調整が必要になるケースもあるのです。このように厄介な使い方になっているので、慣れが必要だと言えるでしょう。

スペアナの修理方法

スペアナが正しく動作しないなどの場合には、設定が間違っていないか確かめてみましょう。
電源が入らない場合には、コンセントの入れ忘れやケーブル類の接続に問題ないか確認します。
それでも改善されない場合には、あまりいじらず修理を依頼しましょう。