今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
接地抵抗計

接地抵抗計の買取

接地抵抗計買取

接地抵抗計とは?

接地抵抗計とは?

接地抵抗計というのは、接地されている物と地面との間に発生する電気抵抗測定する機械なのですが、一般の人が使用するケースは殆どないと言えるでしょう。主に電気工事を行う際に使用されている測定器なので、電気工事を受け持っている企業が所持しているのが一般的です。別名をアーステスターとも呼んでいるのですが、基本的に抵抗の値が小さければよいということになります。大きいと漏電の危険性などが増してしまうので、基準値が設けられているのです。

この基準値を上回ってしまうと問題なので、もし上回ってしまった場合には、対策を講じなければいけなくなるでしょう。接地抵抗計はいろいろな種類が販売されていますし、複数のメーカーが取り扱っているのですが、どの種類であっても、どこのメーカーであっても、基本的な使用方法に大きな違いはありません。接地抵抗計には3つの極が存在しています。この3つの極を正しく設置して、抵抗を測定するようになるのです。

1つ目は接地極で、アースの役目を果たしています。2つ目と3つ目は共に補助接地極と呼ばれているのですが、片方は電圧を測定するために用いられ、もう片方は電流を測定するために用いられているのです。なぜ電圧と電流が重要になるのかというと、これはオームの法則と呼ばれている方法で抵抗を測っているからです。オームの法則を用いて抵抗を測定する場合には、電圧の数値を電流の数値で割る必要があります。電圧割る電流の数値が抵抗の数値になるのです。

もちろんオームの法則を用いれば、電流や電圧の値を求めることも可能なのですが、接地抵抗計は抵抗の値を求めるために使用されている測定器です。そのため、抵抗の値を出さないといけません。この点はどの種類を使っても一緒なのですが、測定を行う手順などは、種類やメーカーによって多少異なっている場合もあるので、必ず説明書読んで使用しましょう。間違った使用方法では、正しい数値を出すことができないだけではなく、故障の原因になることもあるのです。

接地抵抗計を高価買取してもらうポイント

接地抵抗気を高額買取するためには、当然抵抗の数値を正しく正確測定できることです。電気工事で使用する物なので、正しく測定できなければ、いくらきれいな状態であっても使用することができません。そうなれば高額買取はできませんし、測定できないとなれば、買取その物が不可能になってしまうでしょう。そのため、普段から丁寧使用することが重要です。

もちろんきれいであることも重要ですし、付属品も一緒にセットで販売されているのが一般的なので、付属品類も揃えられていれば高額買取ができるようになります。ケース類はキズが付きやすい上に汚れやすいので、丁寧に取り扱いましょう。特に数値が表示されるディスプレイは、キズがあると大幅に買取価格が下がるのが一般的です。

接地抵抗計を買取したお客様の体験談

接地抵抗計を買取したお客様の体験談

スピーディーで的確な対応ありがとうございます。

接地抵抗計の買取を依頼したのですが、査定にかかる時間が短く驚きました。

過去に、何度も接地抵抗計を使用していたのですが、一般的な接地抵抗計と同じで現場で使いやすい、防塵機能防水機能を有しているけれど、今では中古品として良く出回っている、そんな接地抵抗計の買取依頼を出したのです。しかし、買取依頼を出してからすぐに査定結果が出たので、最後まで安心して買取を進めることができました。

自分の所持している接地抵抗計は、あまりにもありふれたものだったので、高い評価は付かないだろうと思っていたのですが、最近では有名になってきている機能(デジタル接地抵抗計)を有している機器なので、その部分は高く評価できるという案内もいただけたのです。早いだけでなく、具体的にどのような面で私の接地抵抗計は評価されているのか、そのことを学びながら買取を進めることができたというわけです。

また、私の所持している接地抵抗計はステンレスを多く用いているものだったので、汚れ、サビなどはほとんど付いていません。このようなキレイに使用されているものなのかどうかも、高価買取につながることがあるということだったので、キレイに接地抵抗計を使用していて本当に良かったです。

代表的な製品

Hioki(ヒオキ) アナログ 接地抵抗計 FT3151

アナログでダイヤル式の接地抵抗計で、作業時間を短縮することができる効率のよい機械です。広範囲で測定をすることが可能です。

Hioki(ヒオキ) アナログ 接地抵抗計 FT6031

作業現場で汚れても丸ごと水で洗うことができる防水加工が施された接地抵抗計で、メンテナンスがとても楽です。補助接地極の許容できる抵抗を今までの10倍強化されています。効率的に作業を進める事のできる機械です。

付属品やオプション品

設置棒、コードトリ巻機、測定コード(赤・青・黒)、携帯用ソフトケース、補助設置棒、取扱説明書、テストブローブセット、鉄ロッド、アリゲータークリップ(赤・黒・青)、先端金具、アース測定コード、付属コードなどの付属品やオプション品があります。

接地抵抗計の使い方

接地抵抗計の使い方

接地抵抗計の使い方ですが、接地抵抗計には複雑なマニュアルが存在しません。なので、簡単な設定でミスを重ねなければ、何度測定しても同じ結果が出るシンプルな作りになっています。
例えば、操作する際にMEASUREキーというものを押すだけで、接地抵抗計による測定がスタートします。スタート後は、地電圧チェック、補助接地極チェックが自動で行われ、最終的にオートレンジという形で、接地抵抗計による計測デジタル化されるのです。
モニターに数値が表示されますので、こちらの数値を確認することで、正確な接地抵抗の測定を終えることができます。

接地抵抗計の修理方法

接地抵抗計の修理方法ですが、モニターを確認してエラーが出ていないかチェックしましょう。
接地抵抗計そのものの動きが不安定な場合は、一度、電源オンオフを行ってから再起動し、再起動後に安定しないかをチェックしてみると良いです。
その後、内部のトラブルなのか、それとも、電源に関係しているトラブルなのかチェックすると、接地抵抗計を素早く修理できるようになります。