今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
管内検査カメラ

管内検査カメラの買取

管内検査カメラの買取

管内検査カメラとは?

管内検査カメラとは?

管内検査カメラは、管内検査するカメラであり、排水口や配管など管の中を見るのに特化したカメラです。管の中を見る場合は、目視では中の奥までは暗くて見えず、ライトで照らしても見ることは難しいです。管が長い場合は、そもそも目視では奥まで見るのは不可能です。

配管などであれば、切断して途中から見ることも状況として厳しいので、そんな時に役立つのが管内検査カメラです。種類としては、スコープのように製品自体が紐状になっており細くできている場合、またキャスターなどにカメラを取り付けてそのまま管内を移動するような製品の2種類あります。

数ミリ程度の直径の細い管にはスコープタイプを、数センチぐらいの比較的大きい直径の管にはキャスタータイプを使って検査します。どちらのカメラを使用しても、管の奥まで検査できますので、人の目では届かない場所まで検査が可能となっています。またスコープタイプであれば、管が途中で曲がっているような場合でも、そのままスコープを曲げて管内を検査できます。そうしてカメラで捉えた映像は、専用のディスプレイなどに表示し、そこで人がディスプレイを見て、異常がないかをチェックするのです。

管内検査カメラが使用される場所としては、水力発電所の管内原子力発電所の管内、ガスプラントのガス管内、石油工場のパイプライン、化学プラントの各種配管内、通信ケーブル、地中の管内など、ケーブルや配管があるような場所では、どこでも活躍します。

配管やケーブルを検査する場合は、切断や亀裂箇所がないか、不要物などが配管内を詰まらせていないか、全体に異常がないかなどをチェックします。当然配管内は太陽光は届きませんので暗いですが、もちろん管内検査カメラにはライトが付いているので、問題なく配管内を検査できます。

そうしてカメラによって検査した配管内部の映像は、ディスプレイに移され、人によって目視で異常がないかチェックが行なわれます。場合によっては、映し出された映像は、そのまま録画して保存できるような機能もある製品もあります。

管内検査カメラを高価買取してもらうポイント

管内検査カメラを買取りしてもらう場合は、検査カメラとして使えるというのが前提条件です。カメラとディスプレイがセットになっているような製品では、どちらも正常に動作しないと、買取とはなりません。特に管内を検査しますので、カメラで映像撮影できるというのは重要です。カメラのズームや録画などの機能もすべて使えるのが高価買取りの条件です。
多少の汚れや傷程度なら、掃除するなどして綺麗にすれば問題ありません。出来るだけ綺麗にして売りに出した方が買取り額は上がるでしょう。
付属品がある製品では、すべての付属品も揃えて売りに出すべきであり、ケースに入っている製品ではケースも一緒になっているべきです。またカメラ機能に関する付属品は特に大切であり、すべて無くさず保管しておきましょう。

管内検査カメラを買取したお客様の体験談

管内検査カメラを買取したお客様の体験談

50代/男性/建設業勤務

仕事で使っていたものを買取りしてもらいました。なにぶん仕事用カメラなので、お店に持っていって買取してもらうには抵抗があり、宅配で買取りしてもらえるところを探して、こちらで買取をお願いしました。
どれぐらいの価格が付くのかよくわからなかったのですが、対応してくれた店員さんも気さくで、すぐに査定額を出してくれました。
少し重たく重量のある品でしたが、郵送で送れば良かったので、箱に入れて、そのまま宅急便で送りました。買取から買取額のお金の振り込みまでスムーズでとても早かったので、特に問題なく買取りしてもらえて良かったです

40代/男性/自営業

家に余っていた検査カメラをどうしようかと迷っており、処分する前にどこかで買いとってくれないかと思い、インターネットで探してみるとこちらのサイトを見つけました。
こんな業務用の製品を買い取ってくれるのかと不安でしたが、試しにおそるおそるまずは電話して買い取ってもらえるか聞いてみました。
予想外に買取出来ますよとの返事があり、それなりの金額で買い取ってくれるということであり、早速すぐに売りに出しました。少し埃が被っていたので、売る前には軽く掃除して、そして売りました。意外にも簡単に売ることが出来驚きです。

代表的な製品

タスコジャパン(カメラ可動式配管検査用 管内検査カメラ TA417XG

管内にカメラが入ったのちにカメラヘッドを縦に180度、そして横に360度回転させることができる管内検査カメラです。7インチモニターで作業を見る事ができて作業の効率を上げる事ができます。

日本エマソン シースネイクマックスRM200 管内検査カメラ

小型のカメラを搭載しているため細い場所の管内にも侵入させることが可能です。LEDの照明で照らされるため管内の様子がくっきりと見えます。耐久性ケーブルの素材は軽量に開発され操作が楽になりました。

付属品やオプション品

バッテリー、バッテリー用充電池、グラスファイバー、SDカード、キャリーケース、ACアダプター、予備バッテリー、USBケーブル、スリップ防止マット、取扱説明書、CD-ROM,接続ケーブルなどの付属品やオプション品があります。

管内検査カメラの使い方

管内検査カメラの使い方

管内検査カメラは、管内監視用のカメラとその映像を映すディスプレイがあります。
使用方法は簡単であり、配管などの監視したい場所まで本体を持っていき、配管内カメラを入れてきます。カメラが配管内に入ると内部を映しディスプレイ投影しますので、その映像を見て、管内に異常がないかをチェックします。
映像のみならず、音声まで拾えるようなカメラもあり、配管内へのカメラ移動は、本体のスイッチで操作できます。
映された映像は、そのまま録画して記録する事も出来ますので、記録映像を後で確認して、じっくりと管内をチェックすることも可能です。

管内検査カメラの修理方法

管内検査カメラは本体とカメラとディスプレイという構成になっており、壊れた場合は自分修理することはほぼ不可能です。
このために修理はメーカーが行ない、メーカーまで管内検査カメラを送ることになります。保証期間内であれば無償修理、期間外であれば有償修理です。