今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
距離測定器

距離測定器の買取

距離測定器買取

新品、未使用品のみ買取可能。

距離測定器とは?

距離測定器とは?

距離測定器というのは、名前の通りに距離を測るために用いられている機械なのですが、いろいろな種類が存在しています。例えばゴルフ飛距離を測るために用いられているのも距離測定器になります。ゴルフでは正確なショットも重要なのですが、どれぐらいの飛距離が出ているのかというのも重要なスポーツです。そのため、距離測定器を用いることが多いのだと言えるでしょう。測定器というと、テスターのような物を想像する人も多いと言えます。

しかし、距離測定器にはいろいろな形があるので、中には腕時計のような形をした種類も存在しています。腕に巻いておけるので、なくすようなこともありませんし、軽くて扱いやすいというメリットもあります。しかも購入する場合には、2万円前後で買える種類が多くなっているので、一般のサラリーマンなどでも気軽に買うことができるのです。もちろんテスターのような四角い形をした物も存在していますし、ビデオカメラのような形をした種類もあります。

このようにたくさんの種類があるので、よく情報収集をしてからどれを購入するべきなのかを決めるべきでしょう。メーカーもいろいろなところがあるのですが、お気に入りのメーカーがある人は、こだわって購入することも多くなっています。あまりメーカーにこだわりはないという人は、性能や値段で判断して購入するのがよいでしょう。ゴルフ以外にも、野球飛距離を争うような場合には、当然目視で確認することができません。
よって距離測定器を使用するのが一般的ですし、レーザー距離計という簡易型の測定器も存在しています。種類によって測定できる距離が異なっており、長い距離を測定できる種類であれば、それなりに値段は高くなっているのですが、短い距離しか測れないタイプの場合には、比較的安い値段で販売されているのが一般的です。最近はインターネットで気軽に購入できるので、業者だけではなく、個人で保有しているという人も増えていると言えるでしょう。

距離測定器を高価買取してもらうポイント

距離測定器を高額で買取してもらうためには、きちんと正確に測定ができる状態であることです。距離測定器という名前が付けられているのに、しっかりと測れないようでは意味がありません。あまりにも誤差が酷い場合や、故障している場合には買取してもらうことは不可能です。腕にはめるタイプの場合には、汗や汚れなどが付着しやすくなっていると言えるでしょう。
よって使用後にはきれいな状態にしておくことで、より高額での買取が可能になります。キズやへこみ、亀裂なども買取価格が下がってしまう原因になりますし、特に測定した距離が表示されるディスプレイのキズなどは、大幅に値段が下がりやすいと言えるでしょう。さらに付属品類はきちんと揃えておき、きれいな状態で配送することが重要です。

距離測定器を買取したお客様の体験談

距離測定器を買取したお客様の体験談

満足の取引ありがとうございました。

以前購入した距離測定器ですが、全く使用しなくなってしまったので、どこかの業者で売ろうと考えました。
しかし、買取をしてくれる業者が全く見当たらなかったので、スマートフォンで売ることができそうな業者を調べてみたところ、測定器・計測器買取ドットコムというサイトを発見したのです。
ここなら買取をしてくれそうなので、問い合わせてみました。
すると距離測定器の買取をしてくれるというので、清掃をしてから梱包し、配送したのです。
思ったよりも高い金額で買取ができたので、とても満足しています。

ゴルフを止めて使わなくなった測定器

ゴルフ場に行ったときに使用していた距離測定器ですが、体調を崩してしまったことをきっかけに、ゴルフを止めてしまいました。
使用しないゴルフセットは売ってしまおうと考え、業者に買取依頼しました。
ゴルフクラブの買取はしてもらえたのですが、距離測定器買取をしてもらうことができず、そのまま放置していたのです。
そんなときに友人から測定器・計測器買取ドットコムなら買取ができると言われたので、電話してみました。
メーカーや状態、形式など詳しい情報を伝えて配送したら、予想よりも高い金額買取してもらえたのです。
もっと早く教えてもらうべきでした。

代表的な製品

代表的な距離測定器としてはブッシュネルゴルフ用レーザー距離計ピンシーカースロープツアーV3ジョルト、ニコンのクールショット20携帯型レーザー距離計、ブッシュネルゴルフ用レーザー距離計ピンシーカーツアーXジョルト、ジャパーナのゴルフレーザー距離計測器液晶モニター付きレンジファインダー、ニコンの携帯型レーザー距離計クールショット40i、ケンコーデジタルゴルフスコープ5×20などがあります。

付属品やオプション品

距離測定器の付属品やオプション品としてはソフトケースやストラップ、レンズクロス、リチウム電池、コンタクトカードなどがあります。

距離測定器の使い方

距離測定器の使い方

距離測定器は種類によって多少使い方に違いがあるのですが、それほど大きな違いはありません。多くの測定器は、レーザーによって距離を測定する場合や、ピタゴラス測定という方法で計測をしています。
一般的な距離測定器は、電源を入れて三角印が付いている再生ボタンを押します。次に測定器のどの部分から測っているのかを確かめ、正しくセッティングしましょう。これだけで距離を測ることが可能です。
ピタゴラス測定は難しいので、初心者向けではありません。

距離測定器の修理方法

距離測定器をはじめとした計測器などは、素人が自分修理することは難しいでしょう。
そのため、接続部分などに異常がないか、使用する手順に間違いがないかなどを確認してから、修理業者やメーカーなどに依頼しておくようになります。