今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
騒音計

騒音計の買取

騒音計の買取

騒音計とは?

騒音計とは

騒音計というのは、名前の通りに音がどれぐらい出ているのかを測定するために用いられている測定器です。

特に大規模な工事を行うときに用いられていることが多いでしょう。

街中でビルなどの解体をする場合や、大規模な建物を建てる場合には、どれぐらいの騒音が出ているのかをしっかりと測定し、近隣住民へ知らせることや、防音対策を行う必要が出てきます。

騒音計には集音器が搭載されているのですが、当然一般的な集音器のように、大きいわけではありません。

とても小さなマイクロフォンが搭載されているのが一般的です。これによって音を集め、どれぐらい出ているのかを測定するのです。

騒音計で測定された数値は、デシベルという単位で表示されます。騒音にもきちんと規定があり、夜間と昼間では基準値が異なっているのです。

もちろん地域によっても異なっているのですが、地域は複数に分けられています。

この基準値よりも、当然工事をするときには大きな音が出てしまうため、工事を行うということを呼びかけているのです。

ちなみに建設工事や道路工事は、鉄道や飛行機の騒音と同じように、環境基準の適用外となっています。

このような基準値を測定するためには、騒音計の存在は欠かせないと言えるでしょう。

騒音計も大きく分けると2種類存在しており、一般的な騒音計を普通騒音計、より精密に音を測定することができる種類を精密騒音計と呼んでいます。

騒音レベルの測定に関する規定などもあるので、やはりある程度精密な騒音計が必要になってくるのです。

音を測定する規定というのは、日本国内で定められているのですが、国際基準というのも存在しています。

仕事で使用する人の場合には、双方とも確かめておくとよいでしょう。

騒音計は一般的に建設業者や工事を行っている業者が購入するのですが、現在ではインターネットで気軽に買い物ができる事態になっているため、騒音計も普通に購入することが可能です。

ただし、値段は比較的高くなっているので、一般の人が購入するというケースは少ないでしょう。

騒音計を高価買取してもらうポイント

騒音計を高い価格で買取してもらうためには騒音計が正常に騒音を計測することができて、操作や表示が正常であることが大切でしょう。

表示画面がはっきり表示されなかったり、数字の一部が表示されないなど不具合がないか確かめて下さい。

操作ボタンを押してもきちんと設定ができなかったり、測定値が正常でない場合は査定額が下がる可能性が高いでしょう。

また通信ケーブルやSDカード、カードリーダー、収納ケース、アダプターや延長コードなど付属品やオプション品があれば査定額アップの可能性が高いので、きちんとチェックされてからお送りいただけたらと思います。

騒音計を買取したお客様の体験談

騒音計を買取したお客様の体験談

学生時代に使っていた物を買い取っていただきました。

学生時代にマンションで一人暮らしをいていたときに、隣の部屋がうるさかったので、騒音計を買いました。

壁を叩くような音や、歩く音が響き眠れない日が続き、購入した騒音計で音を計測し、管理会社に警告してもらいました。

騒音計を使うと具体的な音量もわかるので、騒音問題も解決しやすかったです。

ただ今は引っ越しており、一軒家に住んでいますので、騒音計は不要となりました。

そこで買い取ってもらうおう思い、買取専門サイトを探し、買い取っていただきました。(40代/男性)

自宅でのヴォイストレーニングに使っていました。

昔音楽家を目指していた頃があり、自宅でヴォイストレーニング用にと購入しました。

似たようなスマホアプリがあったのですが、実際に使うとスマホのマイクの関係か、数値がバラバラで使い物にならず、結局騒音計を購入し、自分の声の大きさを測るのに使いました。

ただその音楽家の夢も叶わなかったので、今は普通の会社員をしており、騒音計も不要となりました。

捨てるのももったいないと思い、買い取ってくれるところを探し、こちらで買い取ってもらいました。(30代/男性)

代表的な製品

騒音計の代表的なメーカーや型式としてはリオンの普通騒音計NL-42、リオンの精密騒音計NL-62、リオンの精密騒音計NL-52、リオンの積分形普通騒音計NL-05、サンコーの小型デジタル騒音計RAMA11008、Dr.Meterの騒音計デシベルテスターバックライト搭載騒音測定器MS20、テストーの普通騒音計816-1、KANOMAXの積分型普通騒音計などがあります。

付属品やオプション品

騒音計の付属品やオプション品としては通信ケーブルやSDカード、カードリーダー、収納ケース、アダプター、延長コード、防水バッグ、三脚スタンドなどがあります。

騒音計の使い方

騒音計の使い方

騒音計に乾電池を挿入してからスイッチを入れて、測定モードを設定して下さい。

レンジスイッチをセットしてボリュームを回して表示部を設定して下さい。

周波数の選択や騒音測定の設定を行なってから測定を開始してください。

測定値を確認してから、終了したら電源スイッチをオフにしてください。

騒音計の修理方法

騒音計の測定の値が正確でなかったり、設定やモードの選択が正確にできないなど不具合が見られた場合には、電池を交換したりメーカーを通じて修理をお受けになることをお勧めします。